土地の購入で何を見る?田舎の土地購入で失敗しない方法を伝授

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




田舎の土地

土地の購入で何を見る?田舎の土地購入で失敗しない方法を伝授

山や森に囲まれた自然豊かな田舎で畑をしたり自然に触れた食事を作ったりしながら生活をしたいと思う人が最近特に増えています。

では実際土地購入をしようと思い立って、チェックすべき点は何でしょう?

よく知らない田舎の土地を購入するのはとても難しいことです。後でこんなはずじゃなかった!では困りますよね。

その土地が希望通りの使い道ができるか、水周りはどうなっているか、そして条件はよくても購入後の建物のリフォームの金額も頭に入れておかなければなりません。

思い通りの楽しい田舎暮らしを送る為に、購入前にきちんとチェックしておきましょう。

土地の登記費用はどれぐらいかかる?土地購入にかかる諸費用!

一括で相談無料!

スポンサード



夢の田舎暮らしの第一歩!?田舎の土地購入で注意する事!

田舎風景

まず田舎の土地購入で注意しなければいけない点は、そこの地目がどのようになっているかです。田舎の土地は「農地」であることが多いです。そこを個人で買う為には自分も農家にならなければなりません。そしてその地域の「農業委員会」からの許可がなければ農家にもなれません。

地目がどのようになっているか、ぜひチェックして購入しましょう。

そしてよくある問題点としては、田舎の土地はキレイに分割されておらずあちこちに分散している場合が多いことです。

例えば、家屋が建っている土地の他に、道や人家を挟んで畑を持っていたり、その畑も離れた場所にいくつか分散して持っていたりしています。 その他、家の裏山や山林が含まれることもあります。そのような時は隣の土地との境目もはっきりとしておらず、うやむやになっていることが多いです。

同様に道路に関しても、田舎の土地の場合はその道路が私有地であったり道路として登録されていなかったりして、自分と土地と接続していない場合があります。

ただ「土地が200坪ある」という情報だけでは想像と違う場合があります。どのようになっているか必ず確認して購入しないといけませんね。

また水回りもぜひチェックしておきたいものです。

購入後に、生活用水が引かれていなかったとか、水源が枯れていたとかいう自体に陥るとその水道工事費だけで相当にかかります。農業用水に関しては水利権の問題もありますのであらかじめ確認することが大切です。

ぜひ購入前に注意して田舎の土地を見ておきましょう。

失敗しない土地選び!購入前にここをチェックするべし!

自分の目で確かめる農地

田舎の土地購入で注意する点として、土地に関しての注意すべき点を前述しましたが、細かいようですが、後々の近隣の住民の方とのトラブルを避けるためにも、土地の地目と土地の境界線はきちんとチェックしておく必要があります。

そして土地を購入する際にその土地に田畑が含まれる場合は、どのように取引を行うかを確認しておかなければなりません。

となると、田舎の土地を購入するにあたって、そこの土地に繋がりがあるかどうかは重要なポイントです。

田舎の土地が欲しい時、すでに移住者が居てコミュニティを作っていたり、その場所に知り合いが居たりするとどのような土地かを確認することも可能ですし、購入後の田舎暮らしも楽しみになりますよね。

そう考えると購入後も、田舎では都会とは比べ物にならないほどご近所や地域との付き合いが求められます。その土地で頻度は様々ですが農業をしている場合は田植えや稲刈りなど協同作業を行ったり、季節の行事の催しを行ったり、お祭りがあったりと、色々なイベントも準備されていることもあります。

慣れていない環境に戸惑うことも多いと思いますので、後々の為にお付き合いの様子も確認しておくとよいでしょう。

まとめ

田舎暮らしを楽しみにしている方は、その田舎に土地を購入して何をしたいかを明確にしておく必要があります。

「田舎に住んで野菜を無農薬で作りたい」「空気のよい環境でゆっくりと過ごしたい」「海の見える環境に住んで魚釣りをしたい」など、希望の自然環境は様々でしょう。

明確にすることで希望の環境地域は狭まりますし、その中で馴染みのある土地や行ったことがあって気に入っている土地を選ぶとスムーズに土地購入は進んで行くと思います。

ぜひ後悔しない土地選びをして、自然に触れた田舎暮らしを実現させましょうね!




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »