近くの美味しい冷やし中華のお店が知りたい!夏季限定の醍醐味!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ズバリ!近くの美味しい冷やし中華のお店が知りたい!夏季限定の醍醐味!教えたくない店!後半に!

 夏

夏になると「冷やし中華」の季節だと感じます。

爽やかな酸味が食欲をそそり、とっても美味しいですね!

夏にしか食べられない限定のお店や発祥のお店まで、都内のおすすめのお店をご紹介しますので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね!

冷やし中華-1

 



今年もこの季節がやってきた!冷やし中華の美味しいお店をチェック!

 

 

夏になると冷やし中華のメニューが増えますが、それは栄養バランスがとても良く夏にピッタリだからと言われています。

酸味のあるタレのお陰でツルツルと麺がのどごしよく進み、上にはチャーシューや野菜、卵、等満遍なく具材が乗っていて栄養たっぷりのメニューです。

食欲が無くなる暑い夏にピッタリですね。

さてこれから冷やし中華の美味しいお店を5店ご紹介します。

ぜひチェックしてください。

 

 

  • 「揚子江菜館」

明治39年創業の老舗の中華料理屋で、昭和8年に誕生した元祖冷やし中華が頂けます。

一年中食べられる「五色涼拌麺」は「富士山の四季を彩る飾り」と言うお店の紹介通り美しいものです。

麺の上の具材はそれぞれ四季をイメージした細切りの焼豚、キュウリ、タケノコ、糸寒天が乗っています。他にも海老や椎茸など具材もたっぷりです。具材が中高くたっぷり乗った富士山を思わせる立体感ある冷やし中華はボリュームたっぷりでお腹いっぱいになりますよ!

  • 「萬福」

昭和4年創業の銀座にある「萬福(まんぷく)」は東京で2番目に古い中華料理店です。

一年を通して冷やし中華が食べられますが、夏季限定の「冷しそば(とりごま味)」がおすすめです。麺の上に皮付きの鶏肉がボリュームいっぱいに乗っていて、味付けは濃い目のゴマだれでバンバンジーのような味わいでビールにもよく合います。

また創業当時の材料や調理方法を守っている定番の「冷やしそば」は飽きない味です。錦糸卵と麺が甘酢醤油味のスープとよく絡んで美味しく頂けますよ。

  • 「慶楽」

有楽町で昭和25年から営業している「慶楽」の冷やし中華は大人気です。

こちらの「芝麻冷麺(ごまだれれいめん)」の人気の秘密は自家製のごまだれの美味しさです。胡麻のまろやかさを残しながらも酸味を効かせたタレはきりっとした味わいでコシのある極細麺がよく絡みます。

麺の上には海老やカニ等が乗り豪華で、錦糸卵とキュウリ、チャーシューなど定番の具材も乗り、それにゴマだれが絡んで何度も食べたくなると評判です。

  • 「中華そば みたか」

三鷹駅から徒歩3分の「中華そば みたか」の冷やし中華は、メンマとキュウリ、ハム1枚、ナルトのみの具材でシンプルな盛りつけです。評判なのは麺で、ラーメンにも使用される中太麺は、蕎麦を思わせる、コシがあって歯切れがいい独特の食感です。酸味が強めの醤油ダレと絡み絶妙な味わいを生み出しています。一度食べると何度でも通いたくなってしまうほどの味です。

  • 「らーめん天神下大喜」

台東区仲御徒町にある「らーめん天神下大喜」の冷やし中華は、店長がのど越しの良さを追求し続けて、いくつもの小麦粉のブレンドを繰り返し5年の歳月を経て辿り着いたという自慢の逸品です。

夏限定の「冷たいとりそば」は毎年トッピングが変わるそうです。あっさりとした塩味の鶏だしスープに、鶏チャーシューや揚げ茄子、なめこ、オクラ、トマト等夏野菜とシャキシャキの白髪葱がハマる味わいです。もちもちした弾力とつるんとしたのどごしの麺が最大の特徴で、一日限定20食です。一度は味わっておきたい冷やし中華ですね!

夏季限定!冷やし中華の楽しみ方!暑さも吹き飛ぶ美味しさの秘密!

冷やし中華12

 

夏になると登場する冷やし中華ですが、その愛される美味しさの秘密はどういうところでしょうか?その秘密は「麺」「タレ」「具材」「見た目の鮮やかさ」と様々なポイントがあります。

ゴマダレ? 醤油ベース? どっち?

まず何と言ってもあの麺のシコシコとしたコシのある歯ごたえとツルツルとした食感はのどごしもよく夏にピッタリですね。氷水でしっかりと締めることが、美味しさの秘密のようです。

そしてタレは定番の醤油ベースのサッパリとしたものが一番人気のようですが、ゴマダレも栄養価が高くコクがあって満足度も上がります。

一緒に食べる具材も鶏肉やチャーシューから海老やワカメなど、肉類から海鮮まで満遍なく美味しく頂けるようになっていますし、お野菜も定番のキュウリだけでなくトマトやほうれん草を茹でたものなどカラフルな色合いで目にも口にも楽しませてくれます。

またからしをタレに溶かして食べると、タレの甘酸っぱさとからしのツーンとした辛みが食欲のない夏でも更に美味しく頂けるようです。

地域によってはマヨネーズを乗せて食べるところもあるようで、一度食べると病み付きになるそうですよ!ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

このように、夏季限定の冷やし中華ですが、全国各地で待ち遠しく思われるのには理由がたくさんありました。これから迎える暑い夏ですが、栄養面でもバッチリな美味しい冷やし中華をぜひ堪能して夏バテ予防してくださいね!

実はこのサイトを見た方!とっておきの冷やし中華をオススメします!

最後まで読んでくれた方にだけ!朗報です!

JR両国駅 下車 中華 小次郎!

チェーン店ですが、ここの冷やし中華は 安くて 具だくさんで美味いです!

バンバンジーの冷やし中華! 大盛りでも¥1,000しません!

蒸し鶏が1枚まるまる、入っています! ゴマだれで美味いです!

醤油ベースは 通常の冷やし中華!

コチラも、大盛りでも¥1,000しません! 五目で野菜やチャーシュなど入っています。

醤油ベースも、良い味付けです!

是非、食べてみて下さい!コスパ最高です! 夜も3時までなので仕事帰りでも食べれますよ!




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »