ランドセルにこだわりたい!オーダーメイドの気になる値段と注意点!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




オーダーメイド・ランドセル

ランドセルにこだわりたい!オーダーメイドの気になる値段と注意点!

子供・孫のランドセルを買いそびれたら!

国産!オーダーメードで安くて品質OK!

スポンサード

小学校入学が近付きランドセル購入の季節になると、どんなランドセルにするか考える方も多いでしょう。子供の為に、また孫の為に、特別なランドセルを贈りたいと考えていることもあると思います。

ランドセルが高級なので、なかなか、収入面で、若い夫婦には手が出しにくい、最近では祖父や祖母からのプレゼントが殆ど大半とよく聞きます。

最近は多種多様なランドセルが販売されていますが、子供の為に特別なオーダーメイド

考える親御さんも増えているようです。

ではオーダーメイドはやはり高額なのでしょうか?

人気のオーダーメイドランドセルの気になる値段とオーダーする際の注意点をこれから紹介します。

女の子・男の子の好きな色ランキング



かわいい孫にオーダーメイドランドセルを贈りたい!値段はいくらからできる?

 ランドセルを担ぐ少女

まず、オーダーメイドランドセルとは一体どのようなものでしょうか?

オーダーメイドとは購入者がランドセルの形、素材や色、そして細かいパーツなどひとつひとつを自分で選んで自分だけのランドセルを作ることができるものです。

スーツ等のオーダーメイドの場合はサイズを測ってその人にピッタリのスーツを作って行くため値段もかなり高額になりますが、ランドセルの場合は基本的な形は決まっていて、一からオーダーするわけではなく準備されているパーツや色から選ぶ方式となっています。

こういったものを セミオーダーメイド もしくは、セレクトオーダーといいます。

また肩のベルトに名前の刺繍を入れるとか、安全面を考えて反射板を付けるとか、またベルトに防犯ブザーを入れるポケットを付けるなど様々な希望を入れることができます。

親御さんが気になる部分を付け加えることができ、子供も満足できるデザインを選ぶことができ、オーダーメイドならではの満足度を得ることができます。

このように既製品のランドセルよりも手間がかかりオリジナリティあるランドセルが出来上がる訳ですが、値段的にはほとんど既製品と変わりません。大抵のブランドにおいて、オーダーメイドランドセルは5万円台から7万円台で購入可能です。ただ素材選びでコードバンや牛革など拘ると、値段も高額になっていきます。

こだわりを形にできるオーダーメイドの注文方法!デザインを決める時の注意点!

 セミオーダー・ランドセル

 

オーダーメイドランドセルは、スーツ等のオーダーメイドと違って採寸する必要はないので、基本的にインターネットでも注文が可能です。実際に店舗に行く時間がない人やオーダーしたいブランドのお店が近くにない人も簡単にネットで注文ができるので、とても助かります。

オーダーメイドの注文方法はインターネットで、色や形、内部のデザインを次々と選んで行き、自分だけのオリジナルランドセルを完成させていきます。

メーカーによって異なりますが、素材(クラリーノ、牛革、コードバン)、ランドセル本体の全体の色、ヘリの色、背当ての形、刺繍のデザイン、内装のデザインなど細かい部分まで自分で選ぶことができます。

素材の高いもの順

素材で、先程、記載していますが高級(価格の高いもの)順に並べました。

  • コードバン(馬の皮)
  • 牛革
  • クラリーノ(合成皮革)

コードバンは高級品で革独特の光沢があり、丈夫です。ただ、革なので雨や手入れが結構大変です。大事に使えば一生モノなので、憧れの一品です。

キズなども、ある程度の小さなキズなんかは革製品なので、クリームなんかで消えることも、また最高級品なので、コードバンや牛革については、製作メーカーが、色の塗り直しや。キズのリペアなども請け負っているところが多いので、最近では心配がありません。

クラリーノ(合成皮革)は比較的、雨にも強いし、キズにもある程度強いので、いいのかもしれません。また、重量的には、コードバンや牛革の方が、重量があるので、子供たちにとっては、重量の軽い、クラリーノが良いと感じるでしょう!

親御さんは、いいものを持ってもらいたいとそう感じるかもしれませんが、ショッピングモールやデパートなんかで、子供と一緒に行って、子供が感じるものを購入するのがベストだと思います。

ネット販売のデメリット

ネット販売では、実際に背負って試してみることができませんので、気になる方は店舗や展示会場に出向いて触ってみることも大切ですし、画面上の色と実際見る色と多少イメージが異なる場合があるので色見本の取り寄せをするなどきちんとチェックしておくこともおすすめです。

またデザインを決める際も注意が必要です。

オーダーメイドは選べるデザインや色が豊富に揃い過ぎていることもあり、どれを選べばよいか混乱してしまうこともあります。

どんなランドセルを望んでいるかしっかりとイメージを膨らませておいて、理想のランドセルに近付くようにオーダーしていくのが一番よいでしょう。

ランドセルの色

ランドセル・色

そしてランドセルのカラーを選ぶ時、好きな色だからと言ってあまり派手過ぎる色を選ばないように気をつけることも大切です。子供が一番気になるのはランドセルの色なのですが、6年間使い続けるものですのでその時の気持ちだけで選んで後悔する場合もよくあります。

男の子なら黒や茶色、紺色等、女の子なら赤、ピンク系赤、ピンク等定番の人気カラーの中からお気に入りのものを選び、今はヘリの色を選べるのでそれのチョイスで個性を出すことが一番おすすめの選び方です。

6年間使い続けることを考えて、親御さんが子供の好みのものを上手に選ぶ手助けをすることが大切ですね!

オーダーメイドランドセルは手間がかかりますので、ブランドによって数量限定であったり、期間を定めて受注しているものが多いです。どこのブランドでオーダーするか決まったらすぐに注文することも大事な注意点です。

どうぞ便利なオーダーシステムを十分に活用して、子供が喜んで大切に使ってくれるようなランドセルを作ってくださいね。




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »