乳児湿疹とあせもの違いって?赤ちゃんの肌トラブルをレスキュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




乳児湿疹

乳児湿疹とあせもの違いって?赤ちゃんの肌トラブルをレスキュー

 

乳児湿疹はおもに顔にでき、あせもは汗をかきやすいお尻や首や頭にできやすく、

小さくて細かいブツブツがあり痒みをともないます。 

ママさんたちの赤ちゃんの肌ケア悩み解決はコレしかない!

スポンサー

子供の睡眠にまつわる話!



赤ちゃんのお肌って敏感!乳児湿疹とあせもはどう違うの?

まずは、出来る場所で判断する方法があります。

乳児湿疹はおもに顔に出来て、少しの刺激でニキビのようになったり

赤くなってただれてしまったりすることがあります。

乳児湿疹

あせもは、汗をかきやすい場所に出来るので頭や首やお尻に出来ます。

ひどくなると、とびひになってしまうことがあります。

また、自宅での処置により症状が軽くなってきた場合は、あせもの可能性が高いです。

乳児湿疹の場合は、軽度の場合であれば、自宅での処置でも治ることがありますが

症状がヒドイ場合は、自宅の処置で症状が軽くなることは、滅多にありません。

すぐに、お医者様に診てもらうようにしましょう。

あせもと乳児湿疹の原因と対処法!赤ちゃんのお肌を守ろう!

 

あせもの原因は、ズバリその名のとおり汗です。

赤ちゃんは、体温が高くて新陳代謝も激しいので大人よりも汗をかきやすいのです。

汗が、長い間皮膚に留まった状態でいるとブドウ球菌が肌で増殖して

炎症をおこしその結果として、あせもとなります。

オムツ交換

対処方法としては、汗をかいたらすぐに拭いてあげること

オムツはまめに取り換えてあげて清潔を保つようにしましょう。

また、室内の温度や湿度を快適に保つことも必要なのでエアコンなどを

活用して、快適な空間に赤ちゃんをおいてあげましょう。

ベビーカーに乗っている時も、汗をかいてしまうのでベビーカーのシート

を冷やす製品なども有効に活用すると良いでしょう。

また、衣服についてもなるべく天然素材の肌に優しくて通気性の良いものを着せて

お風呂に入ったら、皮脂や汗をやさしく洗い流してあげてください。

もし、あせもになってしまった場合も、上記のようなケアをしてあげてください。

もし、赤ちゃんが引っ掻いてしまったり、衣服により擦れて患部がひどく

悪化してしまった場合は、お医者様にすぐに診てもらいましょう。

泣く赤ちゃん

乳児湿疹の原因は、皮脂の過剰分泌が主な原因となります。

皮脂の過剰分泌により毛穴がつまってしまい炎症を起こします。

また、母体からのホルモンの影響により毛穴がつまり炎症を起こす場合もあります。

そして、アレルギーによる場合も時にはあります。

対処方法としては、清潔を心かけてあげ、お風呂に入る際には

ベビー用の石鹸を泡立てて、優しく洗ってあげましょう。

お風呂上りにも、ベビー用のクリームやローションなどでのケアが効果的です。

赤ちゃんの肌への一番気にすることは、赤ちゃんの皮膚は生まれたてで柔らかく乾燥に一番敏感で保湿されていないとブドウ球菌であせもになったり、皮脂を落としすぎて乳児湿疹になったりするので、適度な保湿が必要なのです!

ベビーパウダーも効果がありますが、あせもになってからの使用は

症状が悪化してしまうこともあるので避けましょう。

アレルギーによる湿疹の場合は、原因となっている物質の特定をしたり

その物質の排除などを行う必要があります。

お医者様に受診をして、症状を伝えて対処してもらうのが一番です。

軽度のアレルギーの場合は、1歳になる頃には良くなっている場合もあります。

アレルギー検査を受けるのは、1歳になってからでも大丈夫かもしれません。

まとめ

赤ちゃんのお肌は、柔らかくてとても敏感です。

ほんの少しの刺激が、お肌トラブルを招きます。

赤ちゃんの肌は、非常にデリケートなのでトラブルになりやすいのです。

一番は夏でも冬でも、肌の保湿が大事です

お風呂も大事ですが、石鹸で洗ったり、お湯などで

赤ちゃんの油分も一緒にとれてしまいます。

そんな時に保湿ができるものがあれば、赤ちゃんにとっても

常にデリケートな皮膚が保湿されている状態であれば

乳幼児湿疹やあせもになりにくいので、お母さんがケア

してあげて下さいね….

案外、ママが悩んでいる よだれかぶれ!

赤ちゃん寝姿

実は、赤ちゃんのよだれと授乳でのミルク戻しで口元やほっぺが肌荒れして困っている現状が多いです。これも赤ちゃんは自分でよだれや吐き戻しは、大人と違って、コントロール出来ないので、どうしても、よだれや吐き戻しで、皮膚が荒れてしまいます。

これも、拭いすぎて、油分や水分が落ち過ぎたり・・・

常に清潔で、保湿をしてあげて下さいね!

この保湿を怠ると、乳児性湿疹やあせもになるので、要注意です。

ではどうやって保湿するのか?

一番は赤ちゃんのデリケートな肌でも、また、安心安全なスキン

ローションを使用することがベストです。

経験から、3人目の子供と家族で何年も使用し続けている、スキンローションがあります。
ご参考まで・・・

スポンサー

痒みがあったり、炎症があったりすると赤ちゃんの機嫌も悪くなってしまい

泣きぐずる赤ちゃんを相手にする、お母さんも疲れてしまいます。

赤ちゃんは痛いとか痒いとかは言葉で話せません。

泣いて、お母さんに訴えています。

その解決策が

ほんの少しのスキンケアで、母子共に楽しい時間が過ごせます。

こんなにケアしているのに、一向に良くならないなどと

イライラしてしまうこともあると思います。

まずは、保湿することを第一に考えましょう!

アトピー皮膚炎やお肌が弱い人と同じです。

保湿が大事!

あまり、神経質にケアをするのではなくちょっとした手間も

母子のスキンシップだなとプラスに思い、子育てして行きましょう。

赤ちゃん笑顔

赤ちゃんの可愛い笑顔って最高です




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »