睡眠不足が与える影響!子どもの発達にはこんなに関係があった!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




子供寝顔

睡眠不足が与える影響!子どもの発達にはこんなに関係があった!

 

睡眠不足の影響は、成長の遅れや注意力が低下したり肥満につながります。

スポンサー



子どもの睡眠不足が続いたら?脳の発達にはこんな影響が!?

 人間の脳

最近では、社会全般が夜型の生活になっているのに伴い

子ども達も夜遅くまで起きていることが普通になって来てしまっています。

しかし、睡眠は子ども達の健康な成長にとても重要なものです。

睡眠と一言で言っても2つの種類のサイクルがあり、そのサイクルを

一晩の間で3回から5回繰り返しています。

一つはノンレム催眠と言われる睡眠で、寝入ってすぐにこの眠りのサイクルになります。

この眠りは主に脳と体の疲労を回復させる役割を担っています。

これにより、免疫力や新陳代謝を高めたり、成長ホルモンを分泌させて

細胞や組織の修復を行うという作用があります。

もう一つの睡眠サイクルはレム催眠というものです。

この眠りは、記憶の整理といったことを担う役割をしています。

パソコンで言えばデフラグといって、一杯散らかったデータを

奇麗に本棚に整理するイメージです。

このように、睡眠と脳の発達は密接な関わりがあるようです。

なるべく、早寝を習慣付けるようにしたいものです。

 

睡眠不足は悪影響しかない!?早寝のメリットと発達の影響!

 

元気な子供

ノンレム睡眠により、体の疲労回復を行い免疫力を高める事により

病気になりにくい体を作ることが出来ます。

そして、レム睡眠によってその日の学習したことを整理することにより

思考や学習といった部分の脳を発達させることが出来ます。

これは、覚えたことに対して、忘れにくくなるという効果があります。

睡眠が不足して来ると、睡眠の質も悪くなって来てしまうので、

免疫力の低下により、風邪などの病気にかかりやすくなることは勿論

勉強などにも集中すること出来ず、学習能力が低下してしまうと言われています。

また、食欲を抑制するホルモンの分泌が減少してしまうことによる肥満や

睡眠不足による、情緒不安定(イライラする)ということもあります。

ある研究によると、睡眠時間が長い子どもの方が睡眠時間が短い子どもと

比べると、記憶や感情をといった部分に係る脳の海馬と呼ばれる部分が

大きいという結果がありました。

やはり、子どもの脳の発達と睡眠というのは大きな関わりがあるようです。

それに、加え子供の脳は成長過程でもあります。

大人と子供の集中力の差は歴然としています。

その証拠に、子供は没頭すると、何もかも忘れて好きなことや

やりたいことに没頭できるのです。

ここで親として、もっと学習や脳の成長に良いことはないか?

調べてみました!

DHA

最近では、大人にも子供にも脳に良いもので影響があるのがDHAという話題でした!

大人にも子供にも、脳の発達や記憶力に!

といわれる物質はDHAということが判りました。

昔は、ネギを食べると頭がよくなると言って、自分たちはネギばかり食べた記憶があります。

現在はDHAなんかはサプリメントとして、栄養補助食品として食べることで、1粒とか2粒で身体の内から脳の栄養になるものが手に入るので便利ですね…

DHAを試し始めて3か月くらいから、学習にも集中力が出始めたと感じることが多くなりました。

ご参考まで….

学習特化型DHA高配合サプリメント【Dr.Dekisugi】

子供への脳の影響を考えれば、体調・精神的イライラ・集中力の欠如など

このようなことを回避するためにも、早寝早起きを習慣付けてあげたいですね。

早寝をすると、朝もいつもより早く眼が覚めるようになります。

朝食

このことにより、朝食をゆっくり摂ることが出来て、

学校に行く前には、脳も十分に活動出来る状態になっていると思います。

脳の活動が活発であれば、学習に対する理解力も高まるので

その日の、レム睡眠によって覚えたことが忘れにくくなり

成績にも反映するようになります。

十分に睡眠を摂っているので、体の疲労も回復しているため

運動なども積極的に行う事が出来るようになります。

小学生の理想的な睡眠時間とは、どうなのでしょうか?

統計的には10時間30分から9時間が理想とされています。

午後9時に就寝し6時から7時30分に起床するというのが理想的だと思います。

子どもも、高学年になって来るとなかなか親の言うことを聞いてくれなくなって来ます。

でも、その分ちょっと難しい話でも理解してもらえるということです。

頭ごなしに早寝をおしつけるのではなく、睡眠不足によるデメリットについて、

じっくり話し合ってみることも出来るということではないでしょうか?

その時に、必要であれば何か文献を参考として提供したり

親子で調べてみたりするのもいいと思います。

まとめ

子どもだと言え、彼等、彼女等も一人の人間です。

納得させるには、それなりの根拠を提示する必要があると思います。

家族会議

そして、お互いに納得して睡眠時間を習慣づけることが出来れば

とても素敵なことなのではないでしょうか。

睡眠は子供たちにとって、大事な毎日のメンテナンス時間です。

体内時計を活用して、家庭内でも早く就寝する日ごろからの

習慣をつけたいものです。




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »