ランドセル収納は子供部屋?それともリビング?おすすめ収納アイデア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ランドセルの収納ランドセル収納は子供部屋?それともリビング?おすすめ収納アイデア

 

先日は

予約必須の人気ブランドランキング

を知っていただきました!

今日は、購入してからの置き場を知識をお話します!

子供が学校から帰ってきて、そのままリビングのソファにドーン!っと置かれたままのランドセル、気になりますよね。ランドセルは色も主張していますし、案外大きいので置く場所に困っている方も多いと思います。

子供にとってどこに置くのがベストなのでしょうか?そして気になるランドセルの収納場所や収納方法はどういうアイデアがあるでしょう?

おすすめの場所と収納方法をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

子供・孫のランドセルを買いそびれたら!

国産!オーダーメードで安くて品質OK!

スポンサード



入学準備にランドセル収納も悩みどころ!置く場所はどこがベスト?

ランドセル置き場所

小学校へ入学が決まると色々な道具の準備に追われますが、ランドセルの収納方法で悩むご家庭も多いと思います。思っている以上に嵩張りますし、女の子の場合は色も主張してきます。それに子供が学校から帰ってきて、どのような動きを取るかということも考えなければなりません。

まずランドセルを置く場所として考えられる3点をチェックしてみましょう。

子供部屋

ランドセルの収納場所として第一候補に上がるのが「子供部屋」です。子供の部屋に学習机があればその隣に置いておくことがベストですよね。ランドセルからノートを取り出して宿題もその場でできますし、翌日の授業の準備もバッチリでしょう。

リビング

最近の子供はリビングで宿題をしたり勉強をしたりすることが増えていて、それを考えるとリビングの一部に収納スペースを作って置いておくことが子供にとって良さそうです。学校からのお知らせなど、子供が持ち帰ったプリントを忘れずに出す事もできますし、お母さんの目も届きますので安心ですよね。

玄関

子供が学校へ行く時も帰って来た時も、必ず通る玄関。ここに収納スペースがあれば、ささっと背負って学校へ行くことができますし、忘れ物を気をつけることができ邪魔にならないですよね。リビングにどーんと存在感を出して置いておくよりも、玄関にランドセル置き場として収納スペースを取っておけば、見た目も良さそうです。

このように家庭でのランドセル収納スペースは3点挙げられますが、どこをチョイスするかは子供の性格や導線を考えてみて決めなければなりません。

忘れ物が気になる場合はリビングがベストでしょうし、逆にリビングでは気が散って落ち着かない場合は子供部屋も良さそうです。また家庭のインテリアの雰囲気にどうしても合わない時、ランドセルを玄関に収納することも考えてよいと思います。

子供も親も生活しやすい収納場所を考えるのが一番よいと思いますので、家族で収納場所を考えて話し合ってみてくださいね。

みんなのランドセル収納アイデア!おしゃれにすっきりみせる裏技も!

子供・学習机

では実際、他の家庭ではどのような場所にどういう収納アイデアを持ってランドセルを置いているのでしょう?

玄関での収納方法

玄関には、ハンガーポールを置いて引っ掛けておいておくことがおすすめです。靴や傘など置いておくものが多い玄関は、ランドセルを「置く」よりも「引っ掛けておく」と空間を利用できスッキリと収納できます。

その他、サブバックや上履き袋など一緒に引っ掛けておいておくことができるので、忘れ物防止にもよいですね!

リビングでの収納方法

リビングにはいくつか収納方法が挙げられます。

まず「籠」はインテリアに合わせて色や素材を選べ、その中にランドセルを入れて、お部屋のテイストに合った布をかけておけば全く気になりませんね。

またラックを使うとランドセルも勉強道具も一緒に片付けておいておくことができます。収納場所をリビングにする場合は、子供の勉強道具も一緒においておくことがおすすめです。ノートや教科書をラックにきちんと収納して上にランドセルを置いておけば、見えるだけに整理整頓もできるようになりますね。

ラックはコロコロと移動できるキャスターを付けておけば、カウンターの下にぴったり入れることができ、勉強中はそれを引っ張ってテーブルの近くに移動させることもできます。サイズを測ってリビングのちょっとしたスペースを利用することもおすすめです。

子供部屋での収納方法

子供の部屋に勉強机がある場合は机の横にランドセルを掛けておくのが邪魔にならずにおすすめです。

その他カラーボックスを使えば中の板を自由に移動させて、勉強道具とランドセルをキレイに収納することができるでしょう。兄弟が増えても、カラーボックスを追加して収納を増やす事が可能ですしサイズを自在に調節できることも嬉しいですね。

最近では、ランドセルラックも販売されています。

また子供部屋の押し入れやロッカーにしまう時は、ぜひ整理箱やバスケットなどに収納してから入れるようにしましょう。単体でゴロゴロと入れては、ぐちゃぐちゃになってしまうことが多いです。ワゴンなどコロコロが付いたラックを使って引き出せるようにすることもおすすめですよ。

ランドセルの収納場所はその家庭によって変わって来ると思います。そして子供の年齢があがることで、置き場所も変化しますよね。

ぜひ子供の様子をみて、その時その場所に合った収納場所を選んでくださいね。




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »