3分で判る!苦手な上司飲み会の断り方!コレ必見!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




苦手な上司飲み会の断り方って?嫌われずにスマートに断る方法!

3分で分る上司飲み会の断り方!

3分で分る上司飲み会の断り方!

社会人になると苦手な上司や先輩の飲み会があったりお酒が苦手だったりするととても苦労します。

でも、相手が上司となると何回も、なかなか断り辛いってないですか?

また、断って相手に嫌な思いをさせてしまうと今後のことを考えてみても、あとあと面倒だなと思ってしまうのは自分だけ?

そんな経験があると思います!

しかしいくら飲み会が苦手でも下手な断り方を続けて、上司に嫌われてしまったら大問題です。

パワハラではないけど、コミュニケーションが取れてないと、結構、自分がフォローしてもらっていることなども忘れがちになってしまいます。

会社は単独で、回っているのではないですから・・・

営業は特に・・・

上司や先輩、同僚は職場で日々顔を合わせる相手ですので、仕事に支障がでないような上手に断る方法や断っても相手に嫌な思いをさせない言い方は頭に入れておいた方ベストですよ!

これから失礼にならないような断り方や伝え方を伝授します。

ぜひ実践して使ってください!



上司もお酒も苦手…上司飲み会を断るにはなんて言えば許されるの!?

上司飲み会の断り方!

上司飲み会の断り方!

飲み会とは会社勤めをしているとなかなか切っても切れないイベントです。

苦手な上司がいたり、そもそもお酒が得意ではなかったりすると会社に行きたく無くなる程、悩ましいと思っているアナタ!

悩んでいる人はどう考えていますか?

上司から誘われた飲み会を断る場合、何と言えば相手が気分を害さず許されると考えてことはありますか?

まず断り方のポイントは3つあります。まず、そこを抑えておけば大丈夫ですよ!

断り方3つのポイントは?

  • 理由をハッキリ伝えること
  • 即座に断らないこと
  • 曖昧にしてフェードアウトしないこと

です。

なぜ?理由をハッキリ伝えるのか?ということは案外とても大切な重要ポイントです。

「忙しいので飲み会は行けません」という「忙しいので」という理由は曖昧です。

逆を考えれば、相手から見て忙しく見えるか分かりません。

考えようによっては皆忙しい訳です。

ただただ忙しいという理由は雑に感じるので失礼にも当たると思いませんか?

なので、なぜ?なに?で忙しいからときちんと理由を伝えた方が相手。上司も理解してくれます。

また飲み会に誘われて即座に断ると、自分に対する拒否反応と取られるかもしれません。

一旦「予定を確認してみます。」と保留にして、それから断る方が誠意が伝わりますよ!

もしワタシが上司だったら、当日に誘った場合は即座に断られても仕方がないと考えますが、来週の予定であったり数週間後のことだったりすると即座に断られると何だか気分が良くないですね。ワタシは・・・・

自分に置き換えてみても、そのような態度をされると「行きたくないのかな?」と考えてしまいます。

一旦保留にして、その日のうちや翌日に返事をしましょう。

これ!大事なことです!

ただこのように保留にして、曖昧なままフェードアウトしてしまうのは絶対に良くないです。

「当日行けたら行きます」「予定を確認してみますね」等と返事をしたまま、当日断るとか「忘れてました」等と言う言い訳は相手の気分を害するだけでなく、信用も失いかねません!

なので、社会人になったら、それくらいは気を回すように努力してみましょう!

きちんと返事をしてその理由も説明し、相手への敬意を忘れないようにすることです!

ワタシの経験上から、お話します。

例えば、ワタシの知っている、大企業で三○物産と言う会社があります。

社員8000人以上いる会社

その会社の副社長・役員まで8000人の30人(役員数)昇進し引退された方に聞いた話ですが・・・

次期、社長・専務を決める役員会でどんな決め方をしているのかを聞いてみました・・

すると、もちろん、業績の良い部署から候補者を立てるようですが、接戦の上、人の良さや部下からの信頼など面倒見が良いなどで選ばれることもシバシバあると聞いた経験があります。

それくらい、飲み会とかコミュニケーションとかは大事なことということを知っておきましょう!

お酒が飲めないなら、飲めないなりに振る舞えば大丈夫です!

仕事上のトラブルや行き違いなど修正できる場と思えば、仕事を真剣に考えている人にとっては大事な飲み会となるでしょう・・・

ぜひ、億劫にならないで、上司の話の聞き上手になってみましょう!

また、飲み会などで隣りにいるお客の話から、仕事をまとめた経験もあるので案外無駄な時間を過ごしているわけではないと感じるところもあります!

それと、ワタシの経験上からお話すると・・・

飲み会は、取引先との接待をする時があります。

そんな時、どう振る舞うのか?

どういう話をするのか?

どう話をまとめるのか?

そんな実践の練習と思っておけば、飲み会はそんなに苦痛ではありませんよ!

結局、人間は機械的ではないのだから・・・

コミュ力(りょく)がある人間が、会社での良いポジションや取引先でのポジションを掴む必須のツールです!

ぜひ、飲み会はそういうトレーニングと思って、参加することをワタシはオススメします!

出れでもどうしても、苦手な上司なので、ことわりたい時は・・・

仕事に支障を出したくない!失礼にならない断り方と伝え方!

失礼にならない断り方

失礼にならない断り方

上司の誘いを断ることで仕事に影響を及ぼしたくありません。

ではどのように断れば、相手に失礼にならないでしょうか?気分を害さないような伝え方のポイントを見て行きましょう。

体調不良を伝える

特にお酒が苦手な人でしたら、素直に体調が良くないことを理由にすると上司も無理矢理連れていくことはできませんから・・・

現在、「医者に今お酒や脂っこいものを止められているんです。」等と具体的に説明してみるのも良いですよ。

先約が入っていることを伝える

一旦保留して確認したら、そこには先約が入ってたと伝えると失礼がなく断わることができますよ!

忘年会などの数ヶ月前から会社で決まっているような飲み会では使えるかどうかと思いますが、数日前や数週間前の上司からの誘いには、先約があるという理由で十分だとワタシは思いますよ!

家族や子供を理由にする

「子供とこの日は約束があるんです」と子供を理由にすると角が立たない時があります。

お子さんが居る上司なら特に理解できるとおもいますよ!

また「家族で外せない予定が入っている」「家族の調子が余りよくないので早く帰りたい」など、家族を理由するとなかなか無理に参加させることはできませんから・・・

家庭を大切にしている、という意味でも悪くないと思いますが、何度も何度も断りは、おすすめしません。

このように何か理由を説明して断ると失礼にならないように考えること、立場を理解してあげること・・・

最後に「また誘ってください。」と付け加えておけば印象も悪くないですよ・・・

「今回は無理ですが、また誘ってください。」と言う一言で、気分よく話を終えることができますから。

まとめ

お酒が苦手

お酒が苦手

お酒が苦手な人や苦手な上司が居る場合、飲み会のお誘いは辛いものでしかありません。

無理に毎回付き合うのも自分にとって苦痛でしかないですし、上司との関係性も悪くしたくないので上手な断り方を知ることは大事なことです。

断る時のポイントはきちんと理由を伝えること!

一旦保留にして少し時間を置いてから伝えること等ありますが、大切なことは相手に敬意を示すことです。

自分に置き換えて考えてみることを忘れないようにしましょうね。

社会人は子供や学生ではないので、そういったことも考えて行動を取ることをオススメします。

結局は、コミュ力(りょく)ですよ!

逆もあります!

上司を飲み会に誘う方法とは?交流を深める方法!




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »