熱中症対策にできることって?飲み物に工夫をして熱中症を防ごう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




熱中症対策にできることって?飲み物に工夫をして熱中症を防ごう!

 水分補給

梅雨に入り湿度が高くなったり、夏になって気温が高くなると熱中症を発症する人が増えます。その上熱中症は炎天下の中スポーツをしている人や暑い中作業をし続ける人だけでなく、涼しい室内で過ごしている人であってもなりうる症状です。

熱中症の予防で、大切なことの一つは水分補給が挙げられるでしょう

その飲み物はコーヒーでもお茶でも大丈夫なのでしょうか?効果的な飲み物を知って、ぜひ熱中症対策をしましょう!

以外に知らない熱中症の症状と対策知識を知っておく!



怖い熱中症を防ぐには?水分補給に飲み物を持ち歩こう!

 水分補給わすれないように!

 

熱中症は体内の水分と塩分のバランスが崩れ、体温調節が上手にできなくなって起こる症状です。通常は身体が熱くなると、体温調節の為に汗が出て熱を下げる役割を果たしますが、それが上手くできなくなると体内に熱がこもったままになります。そして熱中症を引き起こします。

熱中症にならない為に、自分の身体が汗をかいてきちんと体温調節できるよう水分補給を欠かさないようにしましょう。

気温の高い季節や梅雨時のじっとりと湿度の高い季節は、わたしたちは気付かないうちに汗をかいています。知らず知らずに水分が不足していますので、マメに補給するようにしましょう。

熱中症の症状はこんなこともある

また「喉が渇いたら水を飲もう」と思ってはいませんか?

熱中症を引き起こしている時は、喉が渇いていると感じない時があるようです。自分から努めて水分補給をすることをクセつけるようにし、「出かける前に必ず水をコップ1杯飲む。」「キッチンの横を通る度に水を飲む。」というように水分補給を習慣にしましょう。

外出する際は水筒やペットボトルを持参していつでも飲めるようにしておくといいですね。

年寄りは脱水症状に注意

そして特にお年寄りは体内の水分量が少ないので脱水症状になる率が高くなるそうです。

汗をかく機能も鈍くなり、その上喉が渇く感覚も鈍くなりますので一層体温調節が難しくなるでしょう。より意識して水分補給をするようにしましょう。

熱中症予防に適した飲み物って?おすすめドリンクと飲み方!

 スポーツドリンク

熱中症予防には水分補給が不可欠であるとお話ししましたが、ではどんな飲み物がおすすめなのでしょうか?

汗をかくと水分と同様に塩分も排出しますよね。それは汗を舐めるとしょっぱいので、分かると思います。

水だけを飲んでいると体内の塩分濃度が下がって行くばかりですので、いくら補給しても脱水症状をおこしたり熱中症になったりする場合があります。

水分と塩分を一緒に補給しましょう。

水分と一緒に塩分を補給できる飲み物は、スポーツドリンクや経口保水液です。体内に水分と塩分をスムーズに取り込む事ができるように工夫されているのでおすすめです。

またそれほど汗をかかない人は冷たい水を飲む事もよいでしょう。

日常では常温の水を飲む事が勧められていますが、熱中症対策となると5度から15度の冷たい水が効果的と言われています。冷たい水を飲み、おしっこを出すことで身体の熱を逃がす事に繋がるからです。

ただ、一気に飲んで身体を急激に冷やす事はお腹を壊したり胃腸を冷やしたりするのでよくありません。少しずつこまめに飲む事がとても大切ですね。

まとめ

また水分補給のタイミングですが、喉が渇く前に飲む事が大切であると同時に入浴前後、起床時も必ず水分を摂るようにしましょう。入浴の前後は分かりやすいと思いますが、寝ている間もわたしたちは知らず知らずに汗をかいています。起床時に必ず飲むよう気に留めておきましょうね。

アイスコーヒー

そしてアルコールやコーヒー等カフェイン入りの飲料は利尿作用があるので、飲んだ分以上の水分を排出することになります。熱中症予防にはかえって良くありません。飲酒時は飲んだ分以上の水を飲むように気をつけ、アルコールやカフェインは飲み過ぎないようにしましょう。

熱中症の予防には普段から意識して水分補給することが大切です。効果的な飲み物を選んで対策をし、暑さに負けない身体作りをしましょう!

大事なことは、熱中症対策にならない飲み物を選んで、こまめに飲むということです。




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »