革靴の臭いがヤバイ!水洗いできる?サクッときれいにする方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




革靴の臭いがヤバイ!水洗いできる?サクッときれいにする方法!

 

社会人になると毎日のように革靴を履きます。

毎日革靴を履いて通勤していると、足が蒸れて臭くなりますよね。

でも革靴は扱いが難しい気がして、なかなか臭いを取ることができない気がしていませんか?

しかし革靴でも種類によっては水洗いでき、臭いを取り除くことができます。

その他にも手軽に臭いを取る方法や普段のお手入れの仕方をご紹介しますので、革靴を長く心地よく履く為にもぜひ参考にしてください。

通勤ラッシュ

 

 



革靴って毎日履くと臭いが…水洗いはできる?上手な洗い方!

 

 革靴

革靴は気密性が高く汗をかきやすいものです。そして臭いが付き易く、また臭いが付くと取るのが難しいと感じる方が多いと思います。丸ごと水洗いできたらなぁ・・・と思ってしまいますが、革靴であっても種類によっては水洗いが可能なのです。

まず水洗いの前に、チェックしなければならない点が2つあります。

  • 水洗いできる素材であるか
  • 色落ちしない素材であるか

です。

革の素材によっては、水を含むとダメージを受けるものもありますので注意してください。

スウェードなど起毛系の革靴やヌメ皮、エナメル素材は水洗いできません。

どうしても洗いたい場合はクリーニング屋さん等に相談してください。

そして革靴の表も内側も、水洗いする前に水を含ませた布で拭いてみて、どれ程色落ちするか確認して水洗いするかどうかを判断しましょう。

革靴の水洗いに必要な道具は5点です。

  • サドルソープ又は革靴専用洗剤:サドルソープとは馬の鞍のメンテナンスの為に作られたもので、雨染み・塩吹き・靴の型くずれ等の際にも良いそうです。革靴が生き返ったかのように元気を取り戻します。
  • スポンジ:柔らかいもので泡立ちのよいものを準備しましょう。台所用のスポンジで十分です。
  • いらない布きれ
  • 歯ブラシ
  • 新聞紙:水分を吸収し、型崩れを防ぐのに役立ちます。

手順ですが、まず靴ひもを外します。

そしていらない布きれで革靴に付いているホコリや表面に浮き出ているワックスも取っていきます。歯ブラシを使って革靴の隙間や縫い目にある汚れも落としましょう。

次に40℃くらいのお湯を含んだスポンジで、靴の表面全体を濡らしていきます。バケツにお湯をはって丸ごと革靴をつけても大丈夫ですが、その時は時間をおかないように注意しましょう。全体が濡れたらすぐ引き上げるような感覚で濡らしてください。

ある程度濡らしたらサドルソープをスポンジに適量付けて泡をたて、泡を革靴全体に塗りこむようにスポンジをあてて丁寧に洗っていきます。

革靴の中も洗いましょう。汚れだけでなく、古くなった靴クリーム等も取り除きます。

洗い終わったら、いらない布きれでキレイに泡を拭き取り、そして最後に綺麗な布やタオルで再び拭いてください。

洗った革靴は乾かして完了です。

乾かす時はその靴のシューツリーを入れるか丸めた新聞紙を入れてください。

革靴の水分吸収、型崩れ防止の為に新聞紙はとても吸湿性が高いので最適です。内側に詰めたまま放置しましょう。2〜3日ほど陰干ししてください。

洗って乾燥した革靴は表面に保湿クリームを塗ってあげると完璧です。

簡単ですので、ぜひ水洗いしてみてください。

革靴の臭い問題を取り除く!臭いを取る方法と普段のお手入れ法!

クサイ

 

さて革靴の水洗いする方法をご紹介しましたが、毎回毎回水洗いする訳にはいきません。

臭いの原因は汗です。靴を一日中履いているとコップ一杯分の汗をかくと言います。

足から出る汗は無臭なのですが、靴の中に居る雑菌がその汗を食べ繁殖する時、嫌な臭いが放たれるのです。

普段から帰宅後は日中履いた革靴の中を殺菌して、臭いを取るようにしましょう。

その方法は「重曹」や「新聞紙」を使うことです。

まとめ

重曹には消臭作用と吸湿作用があります。通気性の良い袋に重曹を100g程いれて、革靴の中に入れておくだけです。翌朝まで入れておけば臭いが消えます。

また新聞紙を丸めて入れておくと、湿気を取り除いてくれることはもちろん、新聞紙のインクが消臭効果を果たしてくれます。

そして靴箱の中も湿気が籠りがちです。脱臭剤や消臭剤を置くこともよいですし、換気をして空気を入れ替えるようにしましょうね。

また抗菌の靴下や臭いを抑えるインソールなど、便利なアイテムもあります。

しかし、履くことで汗をかき雑菌は繁殖しますので、履かない時のお手入れをきちんとすることが大切であると言えます。普段のお手入れで、履いた時の雑菌の繁殖スピードが抑えられることで臭いも軽減されるのです。

ぜひ毎日臭い対策のお手入れをして、長く心地よく革靴を履けるようにしましょう。




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »