膝を伸ばすと違和感が!膝の痛みや不調はどうする?病院受診の目安!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




整体師



膝を伸ばすと違和感が!膝の痛みや不調はどうする?病院受診の目安!

 

曲げていた膝を伸ばす時に違和感や痛みを感じる時どうしていますか?

運動をしていた過去があり、怪我などの原因が分かっていればまだ安心ですが、そうでない場合はどうすることがよいでしょう?

膝に違和感を感じたり、痛みを感じたりした時の考えられる原因と

その対処法を見てみましょう。

そして膝の痛みを感じた時いつ病院へ行くとよいか、

そのタイミングを考えてみましょう。 

どうも膝に違和感がある…膝や関節の痛みの原因は?痛みをやわらげる方法!

膝関節の痛み 

違和感

正座の後立ち上がる時や階段の上り下りの時、また歩き始めの時のように場合のように膝を曲げていた後に伸ばすような状態の場合に膝に痛みや違和感を感じることがありますか?

伸ばす時の膝の痛みは、ただ膝の関節だけでなく、筋肉や靭帯、そして膝の半月板など様々な場所での原因が考えられます。

まずはじめに病院へ行き検査をして、骨や関節に異常が見られない場合は筋肉や筋が原因かもしれません。

膝を伸ばした時に膝が痛む場合、膝周りにある筋肉の炎症や不具合を考えてみる必要があります。

膝を曲げたり伸ばしたりする時に使うのが膝の裏の筋肉の「膝窩筋」や膝の下にある「腓腹筋」、また太腿の筋肉である「大腿四頭筋」等です。

この膝の周りは加齢と共に筋力が低下していきます。また膝の関節の軟骨も薄くなり骨と骨が直接当たるようになって膝が痛くなるのです。

このように加齢が原因で筋力が低下してこわばり、痛むという理由がまず考えられます。

骨盤のズレ

次に姿勢の悪さや歩き方の悪さ等日常の姿勢から身体の左右のバランスを崩してしまうと、足腰の筋肉に負担をかけ、それが原因で筋肉が硬くなることがあります。その結果骨盤がズレたり身体がゆがんだりします。身体の重心が真ん中に来ないことは均等に重力がかからないので筋肉に負担をかけるのです。ストレスがかかり続けられた膝の筋肉は疲弊して強ばりどんどん硬くなっていきます。

このように膝周りの筋肉が疲弊し硬くなることで、膝を伸ばした時に痛みを感じると考えられます。

この膝の周りの痛みをやわらげる為には、加齢による筋力の低下の場合は少しずつ運動をして筋力をつけるようにした方がよいでしょう。ただランニング等急激な運動や膝に負担のかかる運動はかえって悪化させてしまいます。

四股を踏むとか、水中ウォーキングなど膝にあまり負担のかからない方法をとりましょう。

そして硬くなった筋肉が原因の場合は、筋肉をマッサージしてほぐして柔らかくし、膝の関節や靭帯等の動きをなめらかにさせることが大切です。この場合股関節も硬い人が多いので、お風呂上がりに股関節を開くストレッチをしたり四股を踏んだりするとよいでしょう。

その他動く時の痛みを軽減させる為に効果的なサポーターやテーピングは、膝は常に動く場所ですのでおすすめです。ヒアルロン酸やグルコサミンなどのサプリメントを補充することも効果的でしょう。

また膝を伸ばした時激痛が走る時は膝に炎症がある可能性があるので、早めに整形外科を受診することをおすすめします。

1年くらい、私は左肩というよりも四十肩?何も持っていない状態で、手を水平にしてそこから上にあげることが激痛で上げれませんでした。

ある時、加齢とともに筋肉や筋が強張って、動きづらくなっているということで敢えて、軽く腕立て伏せをするようにして、徐々に回数を増やして、やることで、いつの日にか痛みもなくなり、ものも持つこともできるようになりました。

もしかしたら、筋肉や筋が加齢とともに弱ってきていると感じました。私は50歳ですが…

40歳くらいでもそろそろ、運動を考える時期でもあるのかな感じますよ!

是非、筋トレを・・・

ピラティスがいいと言われています!

膝を伸ばすと痛みがある!こんな時どうする?病院を受診する目安とタイミング!

整体治療 受診

膝の違和感に対して動けない程の痛みでなければ、なかなか病院に行くことが無いと思います。先ほど説明しました原因の場合は、毎日の運動やストレッチ、姿勢改善などに努めることが一番だと思います。

ただ膝に関して言えば、痛みを感じた時は一度は必ず病院へ受診するべきだと言ってよいでしょう。

膝の違和感や痛みは筋肉が硬くなることによる炎症や「変形性膝関節症」という関節炎が原因であることが多いです。

特に「変形性膝関節症」という炎症を発症している時、サプリメントやサポーター、また湿布等の一時的な対策で痛みが軽減されても実際に炎症が治っているの訳ではありません。

この病気は徐々に進行していき、長く放っておくと膝の形が変形して動けなくなってしまう可能性がありますので見過ごさずに早めに治療をすることが大切です。

まとめ

医師の診断

「変形性膝関節症」の場合は病院を受診しながらも日常生活で膝に負担をかけないようにしなければなりません。肥満気味の人は減量し、膝周りの筋肉は運動をしながら鍛え、普段から膝に負担がかからないように生活習慣や日常の動きを改善することが勧められます。

ただ間違った方法で運動をしてかえって負担をかけては意味がありませんので、病院を受診し痛みや炎症を軽減させると共に日常生活の改善のアドバイスを受けてそれを続けることが治療と言えます。

膝は身体の中でもとても大切な場所です。

自分だけで判断せずに早めに病院へ相談してくださいね。

まずは痛みがあれば、整形外科を受診してみましょう!




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »