スポンサーリンク

いま知りたい!郡上おどりの魅力!交通・駐車情報から郷土料理を楽しむまで完全ガイド!

  当ページのリンクには広告が含まれています。

郡上おどり に行きたい!

郡上おどりの音楽と舞、郡上八幡の郷土料理。日本の魅力を感じる、究極の体験へ!

友人が郡上八幡の出身で、故郷の夏の風物詩・郡上踊りを一緒に楽しもうと誘ってくれた!こんなに有名な日本三大盆踊り、郡上おどりとは知らなかった!

由来から場所、交通アクセス、駐車場情報、主な曲目、郷土料理まで、全てを網羅しよう。凄い!7月~9月初旬までの夏の間、踊り続ける盆踊りに感動。

間違いなく、一度は行ってみたいと思うことでしょう!

スポンサーリンク

  当ページのリンクには広告が含まれています。

郡上おどりとは

郡上おどりとは、岐阜県郡上市で夏に開催される盛大な祭りです。7月から9月にかけて、夜空の下で踊り続ける情熱的な光景は、観光客を魅了します。

この伝統的な盆踊りは日本三大盆踊りのひとつに数えられ、地元の郷土料理と共に楽しむことができます。由来や場所、交通アクセス、駐車場情報など、郡上おどりに興味を持つすべての人に向けて、魅力を余すことなく紹介します。

一度訪れたら忘れられない、夏の魅力を感じに来ませんか?

 

由来と意義

郡上おどりの由来と意義は、日本の歴史と伝統の中に深く根ざしており、その魅力を語るうえで欠かすことができません。

由来について掘り下げると、郡上おどりは400年以上の歴史を持つと言われています。

江戸時代、郡上藩主・遠藤利明が領民の心身の健康を願い、豊作を祈念するために始めたのが起源です。

以来、郡上地域で受け継がれ、夏の風物詩として定着しました。

意義の部分では、郡上おどりは単に楽しいイベントではなく、地域の人々の結びつきと誇りを象徴しています。

踊りを通じて、地域住民が互いに深いつながりを感じ、共同体としての一体感を高める場となっています。世代間のコミュニケーションも活発になり、地域社会の活性化に寄与しています。

 

郡上おどりの魅力は、その躍動感と共感を生む力にあります。

踊り手と観客が一体となり、共感を通じて楽しむことができるからこそ、毎年多くの観光客が訪れるのです。

子供から大人まで、誰もが参加できるこのお祭りは、地域の人々にとっても特別な存在です。

加えて、郡上おどりは郷土愛の強い象徴でもあります。地域の文化を未来に繋げようという強い意志が、踊り手たちの情熱に感じられます。

その情熱は、観る者にも強く伝わり、郡上おどりの深い魅力を感じさせます。

 

まさに、郡上おどりは踊りだけでなく、人々の心をつなぐ大切な文化です。

 

歴史と伝統、地域社会の絆、そして美しい踊りのハーモニーが、郡上おどりの「由来と意義」を形作っています。

この踊りが人々に与える感動と喜びは、一度体験すると忘れられないものとなるでしょう。夏の郡上八幡を訪れる際には、ぜひこの素晴らしい伝統に触れてみてください。

特徴・評価

郡上おどりは、その独特な特徴と高い評価から、日本国内外の多くの人々に愛されています。以下、その魅力を詳しく紐解いてみましょう。

  1. 日本三大盆踊りの一つ: 規模、歴史、質の三つの観点から見ても、郡上おどりは日本三大盆踊りの一つとされています。約30万人の観客が毎年この踊りを訪れます。
  2. 特別な「踊り下駄」: この踊りの演者たちは、特別に作られた「踊り下駄」を履いて踊ります。この下駄は、踊りのリズムと動きを一層際立たせるための工夫が凝らされています。
  3. 切子灯籠と白鳥おどり: 郡上おどりのシンボルとも言える切子灯籠を吊るして軽快に踊る白鳥おどりは、その美しいフォルムと優雅な動きで多くの人々を魅了します。これを「白鳥マンボ」とも呼び、地元の人々に親しまれています。
  4. ユネスコ無形文化遺産: この盆踊りは、その歴史的価値と文化的重要性が認められ、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。これは、郡上おどりが単なる地域のイベントではなく、世界に誇るべき文化財であることの証しです。
  5. 地域との一体感: 観光客だけでなく、地元の人々も一緒に踊ることができるので、地域との一体感を感じられる貴重な機会です。
  6. 四季折々の楽しみ: 7月から9月初旬にかけての長い期間にわたって開催されるため、季節ごとの異なる風情を楽しむことができます。
  7. 郷土料理との組み合わせ: 地域の郷土料理と組み合わせることで、郡上おどりの楽しみは更に深まります。

郡上おどりは、その規模と質、そしてユニークな特色から、多くの人々に支持されています。

 

一度訪れると、その魅力に引き込まれ、何度も足を運びたくなることでしょう。

 

この地域の歴史と文化を肌で感じることができる郡上おどりは、

日本の伝統文化を体感する最良の機会と言えるでしょう。

開催場所と時期

郡上おどりの開催場所と時期は、この魅力的な伝統を楽しむために重要な情報です。

計画を立てる際には以下の詳細を参考にしてください。

開催場所

郡上おどりの舞台となるのは、岐阜県の郡上市、

特に美しい風情が残る郡上八幡エリアです。

以下の特徴があります。

  • 中心地域: 郡上おどりは、郡上八幡の中心部である橋場町周辺で開催されます。古い町並みと合わせて楽しめるため、非常に風情があります。
  • 川沿いの舞台: 多くの場所で踊りが楽しめますが、特に郡上川沿いの舞台は、涼しい夏の夜風と共に踊りを楽しむことができます。

時期

郡上おどりの時期は特異で、以下のような特徴があります。

  • 長期間: 郡上おどりは、7月中旬から9月初旬にかけての毎晩開催されます。これは日本三大盆踊りの中でも際立って長い期間です。
  • 土日祝日: 土日祝日は特に盛大に開催されることが多いです。地元の人々が一堂に会し、更に賑やかな雰囲気を楽しむことができます。

郡上おどりは、その場所と時期が独特の魅力を醸し出しています。

夏の風物詩として、長い期間にわたり楽しめるこの祭りは、地元の人々はもちろん、

観光客にとっても見逃せないイベントです。

 

郡上八幡の歴史ある街並みと共に、郡上おどりの熱気と楽しさを存分に味わうことができるでしょう。

計画を立てる際には、開催場所と時期をしっかり把握し、最高の夏の思い出を作りましょう。

 

郡上おどりの深い魅力

郡上おどりの深い魅力を感じたことはありますか?

夏の風物詩であるこの盆踊りは、単なる伝統芸能以上の情熱と共感を備えています。

7月から9月にかけて繰り広げられる祭りは、参加者と観客を一つに結びつけ、感動の体験へと誘います。

郡上おどりの不思議な魅力を探求し、夏の特別な思い出を創りませんか?

この先の内容で、その深い魅力に迫ります。

歴史的背景

郡上おどりの歴史的背景は、日本の伝統文化の中でも特に深いものがあります。

この背景を理解することで、郡上おどりの真の魅力と、なぜ現在も多くの人々に愛されているのかが明らかになります。

起源

郡上おどりの起源は、戦国時代にさかのぼります。豊臣秀吉の時代後に始まった盆踊りが、郡上八幡の地域で踊られるようになったとされています。それが地域の人々に広がったとの説もあります。

時代ごとの変遷

  • 江戸時代: 郡上おどりは、農民の祭りとして栄えました。豊作を祈願し、収穫を祝う意味合いが強くなりました。
  • 明治時代以降: 郡上おどりが観光資源として発展。地域振興の一環として、多くの観光客が参加するイベントへと成長しました。

地域とのつながり

郡上おどりは、郡上八幡地域の社会と深く結びついています。地域住民の間で、連帯感を深める役割を果たし、観光客と地域住民との交流の場ともなっています。

保存と伝承

郡上おどりの保存と伝承には、地域住民の努力が欠かせません。

次世代への継承を目指し、地域の学校での教育や、踊りの指導者の養成などが行われています。

郡上おどりの歴史的背景は、単なる伝統芸能以上のものを提供しています。

地域の連帯、観光振興、文化の保存と伝承など、多岐にわたる価値がこの踊りには詰まっています。

 

郡上おどりに触れることで、日本の歴史と文化、

地域社会とのつながりを深く感じることができるでしょう。

 

郡上おどりで使われる主な曲目

郡上おどりは、岐阜県郡上市の魅力的な風物詩で、特定の曲で踊られる伝統的な踊りです。その歌詞は詩的で、郡上地域の文化と歴史を感じさせるものとなっております。

風情あふれる主な曲目

  1. かわさき: 「郡上の八幡 出ていく時は 雨も降らぬに 袖しぼる」。この曲は郡上地域の風物を描写し、その美しさを伝えます。
  2. げんげんばらばら: 助けを求める情熱的な歌詞「げんげんばらばら何事じゃ 助けておくれよ長兵衛さん」が印象的。
  3. 春駒: 躍動感あふれる春の情景を描きます。「七両三分の春駒 春駒♪ 踊り助平が 今来たわいな♪」
  4. 三百: 「今年初めて三百踊り おかしからずよ他所の衆が」。郡上おどりの伝統と誇りを歌います。
  5. ヤッチク: ユーモラスな語り口が特徴。「アラ ヤッチクサッサイ 私がちょいと出て べんこそなけれど」
  6. 甚句: 勇壮な櫓太鼓の響きと共に、「櫓太鼓にふと目を覚まし 明日はどの手で投げてやる」。

補足情報

  • 踊る曲の順番は日によって異なり、常に新鮮な興奮が味わえます。
  • 「かわさき」は最もよく踊られる曲で、郡上おどりの顔とも言える作品です。
  • その日の最後に必ず踊られる「まつさか」は、その日の締めくくりとして特別な位置づけがあります。

郡上おどりのこれらの曲たちは、その地域の人々の暮らしや風情、情熱やユーモアを反映しています。

 

郡上地域に根付く伝統と個性を形作るこれらの曲と踊りは、

一度体験すればその深い魅力に引き込まれることでしょう。

その歌詞とリズムには、郡上の風土が息づいており、踊り手と観る人々を一つにします。

参加方法と楽しみ方

郡上おどりへの参加は誰にでも開かれており、その楽しみ方は多岐にわたります。

初めての方でも心から楽しめるように、参加方法と楽しみ方についてご紹介します。

参加方法

  1. 一般参加の申し込み: 事前に郡上おどりの公式ウェブサイト等で情報を確認し、参加希望の日にちと時間帯を選びます。
  2. 衣装の準備: 伝統的な衣装で踊る場合は、現地でのレンタルも可能です。自分に合ったものを選びましょう。
  3. 現地への訪問: 指定された場所での集合、簡単な踊りのレクチャーなどが行われます。
  4. 踊りの参加: 踊りの隊列に加わり、地元の人々と一緒に踊ります。初心者でも大丈夫!リズムに乗って楽しむことが大切です。

楽しみ方

  • 一緒に踊る楽しさ: 自分で踊ることで、郡上おどりの魅力を体感できます。地元の人々との一体感も特別な体験となります。
  • 観覧: 踊り手たちの情熱的なパフォーマンスを観るだけでも十分楽しめます。様々な世代が交わり踊る様子は、感動的な光景です。
  • 地元の食を楽しむ: 踊りの合間には、郡上地域の郷土料理を味わうのもおすすめ。踊りのエネルギーを食で感じられます。
  • 歴史や文化を学ぶ: 郡上おどりの歴史や文化を学びながら観ると、より深い理解と楽しみが広がります。

郡上おどりへの参加は、地元の人々と一緒に踊り、

その歴史や文化を深く体感する貴重な体験となります。

 

自分で踊るもよし、観覧するもよし。郡上おどりの多彩な楽しみ方を存分に味わい、

夏の郡上市を心から楽しんでください。その深い魅力にきっと引き込まれることでしょう。

 

郡上おどりへの訪問ガイド

郡上おどりへの訪問は、その魅力を直接体感する最良の機会です。

郡上おどりへの訪問に必要な場所と交通アクセス、駐車場情報、地図と周辺施設情報を詳しくご案内します。

交通アクセス

ローカル交通:

  • 岐阜バス高速八幡線:城下町プラザ下車後、徒歩5分
  • 長良川鉄道:郡上八幡駅下車後、徒歩20分またはまめバスで20分

関西方面からのアクセス:

  • 新大阪駅から新幹線のぞみで名古屋駅へ(約50分)
  • 名古屋駅からJR特急ワイドビューひだで美濃太田駅へ(約40分)
  • 美濃太田駅から長良川鉄道で郡上八幡駅へ(約80分)

関東方面からのアクセス:

  • 東京駅から新幹線のぞみで名古屋駅へ(約105分)
  • 名古屋駅からJR特急ワイドビューひだで美濃太田駅へ(約40分)
  • 美濃太田駅から長良川鉄道で郡上八幡駅へ(約80分)

名古屋方面からのアクセス:

  • 名古屋駅からJR特急ワイドビューひだで美濃太田駅へ(約40分)
  • 美濃太田駅から長良川鉄道で郡上八幡駅へ(約80分)

岐阜方面からのアクセス:

  • JR岐阜駅からJR高山線で美濃太田駅へ(約30分)
  • 美濃太田駅から長良川鉄道で郡上八幡駅へ(約80分)

駐車場情報

  • 旧庁舎記念館駐車場
  • 市営日吉駐車場
  • 郡上八幡博覧館
  • 郡上八幡城下町プラザ

この情報により、郡上八幡への訪問を計画する際の主要な交通ルートと駐車場オプションを把握することができます。

 

郡上八幡の郷土料理とグルメガイド

郷土料理:

  1. 鮎の塩焼き:川魚である鮎を塩で味付けし、焼いた料理。
  2. 飛騨牛ステーキ:地域で有名なブランド牛「飛騨牛」を使ったステーキ。
  3. 明豊ハム:郡上八幡の特産のハム。
  4. 鶏ちゃん焼き:地元の郷土料理・ソウルフードで、鶏肉をメインにした焼き料理。
  5. 漬物ステーキ:漬物を主材料としたステーキ。

スイーツ:

  1. たい焼きパフェ:日本の伝統的なスイーツであるたい焼きをアレンジしたパフェ。
  2. みたらし団子:甘いみたらしソースをかけた団子。

これらの料理は郡上八幡の風土や文化、地域の食材を活かしており、

訪れる観光客にとっても楽しめる食文化の一部となっています。

その他用意するもの

郡上おどりを訪れる際には、その楽しみを最大限に引き出すために以下のものを用意することをお勧めします。

  1. 踊りの衣装: 地元の人々と一緒に踊る際に、伝統的な衣装を着ることができます。レンタルショップもあるので、事前に予約しておくとよいでしょう。
    • 帽子や扇子などの小物
    • 浴衣や下駄などの伝統的な衣装
  2. カメラやビデオカメラ: 踊りの素晴らしいパフォーマンスを記録するために、忘れずに持参しましょう。
    • 予備のバッテリー
    • 三脚(必要であれば)
  3. 地図とガイドブック: 郡上おどりの会場や周辺の観光地を効率的に巡るためには、地図やガイドブックが便利です。
  4. 日焼け止めと虫よけ: 屋外でのイベントになるため、季節に応じて日焼け止めや虫よけスプレーの持参がおすすめ。
  5. 飲み物と軽食: イベント会場には飲食店もありますが、自分の好きなものを持参することも可能。特に夏は暑いので、水分補給に気をつけましょう。
  6. 現地の郷土料理を楽しむための情報: 郡上八幡の郷土料理を楽しむための情報も収集しておくと、より深い体験ができます。
  7. 小銭: 屋台での買い物などに便利な小銭も用意しておくと良いでしょう。

このように、郡上おどりを楽しむための準備は多岐にわたりますが、これらを用意することで、一生に一度の素晴らしい体験とすることができるでしょう。

郡上おどりは単なる観光名所ではなく、その地域の文化と歴史に触れ、感じることのできる貴重な機会です。

このリストを参考に、楽しい郡上おどりの旅を計画してみてください。

 

Q&A

  1. Q: 郡上おどりの開催期間はいつですか? A: 郡上おどりは7月から9月初旬まで開催されます。この期間中、郡上八幡では連日のように踊りが楽しめます。
  2. Q: 郡上おどりへの交通アクセスはどうすればよいですか? A: JR岐阜駅から特急で郡上八幡駅へ向かい、駅から会場までは徒歩かバスでアクセスできます。車を利用する場合は、中央自動車道の郡上八幡インターチェンジで下車し、会場へは約15分です。
  3. Q: 郡上おどりで特に人気のある曲は何ですか? A: 「かわさき」は郡上おどりで最もよく踊られる曲で、非常に人気があります。その他にも「げんげんばらばら」や「春駒(はるこま)」など、多岐にわたる魅力的な曲が演奏されます。
  4. Q: 郡上おどりの会場周辺でおすすめの観光スポットはありますか? A: 会場周辺には郷土資料館や温泉施設、郡上地域の特産品を楽しめるレストランなどがあります。郡上おどりの魅力を感じた後に、これらの施設でさらに地域の魅力を探ることができます。
  5. Q: 駐車場はどうすればいいですか? A: 会場周辺には大型駐車場が複数ありますが、踊りの日は非常に混雑するため、早めの到着がおすすめです。一部有料駐車場も存在するので、事前に確認しておくと安心です。

まとめ

  • 開催期間: 7月から9月初旬にかけて、郡上八幡で毎年開催される日本三大盆踊りのひとつ。
  • 歴史的背景: 長い歴史を持ち、郡上地域の文化と歴史を反映した伝統的な踊り。
  • 主な曲目: 「かわさき」、「げんげんばらばら」など、特有のリズムと歌詞で観客を魅了。
  • 参加方法: 観光客も参加可能で、地元の人々と一緒に踊る楽しさを体験できる。
  • 交通アクセス: 公共交通機関や車でアクセス可能。特に夏の踊りの時期は交通が混雑するため早めの計画が推奨。
  • 駐車場情報: 大型駐車場あり。混雑時に備え、早めの到着が望ましい。
  • 周辺施設: 郡上おどりを楽しんだ後に、地域の観光名所や温泉施設、郷土料理を味わうことができる。

郡上おどりは、その伝統と地域の魅力を凝縮した一大イベントで、一度は訪れてみたい日本の名物文化です。

役立つ知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
admin-chishikinomadoをフォローする
スポンサーリンク
知識の窓
タイトルとURLをコピーしました