いびきは無呼吸が怖い!身体に関連する6つのリスクと原因!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加






いびきは無呼吸で怖い!身体に影響がある6つのリスクとは?

いびきの6つのリスク!

  • 心臓・脳へのダメージ
  • 睡眠障害
  • 免疫力低下のリスク
  • ホルモンバランスの影響
  • 歯周病の悪化
  • 扁桃腺が腫れる

いびきって、自分では、しているかどうか判らないから怖い!
家族で寝ているのであれば、いびきをかいているか判断できるんですが・・・

一番怖いのは 突然死!のリスク!

そして、無呼吸症候群で心臓・脳へのダメージ!

無呼吸で酸欠になるのが一番危ない!

心筋梗塞のリスクとの魚へのダメージが相当ハイリスクになるのが危険!

まず、簡単に考えないことを認識しておきましょう!

いびきの原因?ストレス?疲れ?なに?

太って舌が原因

こんな原因も・・・

  • 太っていること
  • 口を開けて寝ている 鼻呼吸でなく口呼吸
  • 仰向けに寝ている (上を向いて)
  • 枕の高さ(首の長さの関係)
  • 鼻炎・喉の炎症
  • 寝酒する

当てはまることはないですか?

太っている人の状況

太っている人は、上を向いて寝ると舌が気管を塞いでいびきの原因となる
呼吸がしにくいので更に、鼻呼吸でなく口呼吸になるのが原因

対処は、できるだけ横向きに寝ることが重要!

寝る時に枕の位置・高さも重要なので気をつけること!

持病で鼻炎が原因

鼻炎や喉の炎症のある人は、まず、その部分を治療すること!

鼻骨の変形でも鼻呼吸ができない場合もあるので耳鼻咽喉科で見てもらいましょう。

お酒などで酔ってなる時

慢性的ないびきでなく、一時的に酔っ払って寝たときは
出るときがあります。

それは、あんまり心配ではなさそうです。

いびき対策はどうすれば良い?グッズやマクラ?

第一にマクラを考える!

まず、寝る時の寝る姿勢を考えて、できるだけ横を向いて寝ることで
ある程度、いびきを回避できることがあります。

ただ、横向きに寝ると肩や腰が痛くて寝れない人もいますので
そんなことも考えて、ベッドや敷布団などにも影響してきますので
それも考えなくてはいけません。

横向きで寝るクセをつけるようにしましょう!

横向きに寝ることが苦手な人でも、ある程度解決できることができる枕があります!

抱きマクラであれば、寝やすいですよ!

ベッドや敷布団を購入するとなると、結構な金額になりますが、抱きマクラであれば
金額もそこまで効果なものではないので、考えてみる価値はあります。

売れ筋の抱きまくらを探すのであれば

楽天・アマゾン・ニトリで探せば、きっと良いものが見つかります!

スポンサーリンク
枕と眠りのおやすみショップ!

多種多様で、最近では抱きまくらが、売れているそうですよ!

ニトリが抱きマクラを販売するくらいですからそれだけ需要が増えているということでしょう。

軽度のいびきの対処は?簡単で安い対処法?

呼吸しやすいグッズ!

鼻孔を拡げるテープ:

ブリーズライトなんかを使用すれば、鼻づまりがラクになります。

運動選手なんかも走る競技などには酸素が大量に必要なので
アスリートも使用しています。

口呼吸防止テープ

口を閉じて寝る癖・習慣を付けるために開発されたものもあります。

両方使用すれば、快適な睡眠ができる可能性がグッと!上がりますよ!

もし、最近良い睡眠が取れていないのであれば、イチオシでコストパフォーマンスが高いですよ!
オススメです!

無呼吸など重度ないびきの対策としては?

いびきの外来を受けてみる!

一度、医者に見てもらいましょう!

最近は、いびき外来 もあるので、ネットでも検索すれば
近くの専門外来がみつかりますよ!

検査もしてくれたりするので、行ってみてはいかがでしょう。

検査費用も保険適用が効きますので安心です。

マウスピースなどを利用してイビキを改善する方法もあるので
専門医に訪ねてみましょう・・・

簡易な検査であれば保険適用で、3,000円くらい見込むと良いですよ・・・

いびきで影響する身体リスクは?

リスクの見直し

  • 安眠・快眠できない睡眠障害
  • 免疫力低下
  • ホルモンバランスの不安定
  • 身体の疲れがとれない
  • 集中力の低下

いびきでの身体へのリスクは侮れません!

もちろん、心臓への負担や脳へのダメージは相当なものです。

簡単に考えるのではなく、いびきのこと真剣に考えましょう!

まとめ

いびき調査

家族住居の場合

家族で住んでいるのであれば、一度、いびきについて真剣に考えてみましょう!

夫婦でのいびき調査・家族でのいびき調査を実施はオススメです!

独身住まいの場合

単身・一人住まいの人は、旅行に行ったときとか、実家に帰ったときとかに、第三者にいびきをかいているかを聞いてみることも必要です。

その他に、スマホでのアプリもあるので、

いびき対策アプリ

で、検索すればたくさんのアプリが見つかります!
一度、お試しするのも、独り身の場合はオススメです!

いびきも生活習慣病と密接な関係がありますので、侮れません。

生命に危険なリスクを避けるために、いびき外来を受けることも大切です。

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 心筋梗塞
  • 狭心症

など、ひどくなる原因ともなりかねないので、いびきを侮ってはいけません!

慢性に無呼吸症候群であれば、いびき外来を受けてみることをおすすめします。

ご参考まで・・・




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »