夏バテになる原因と対策!どんな対処法があるの?知っていたら安心!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




夏バテに効く食べ物や原因と対策!きちんと対処法を知っておけば怖くない!

 

夏バテの原因とは?

夏バテの原因とは?

 

年々日本の高温多湿の夏は酷くなっているように思います。

夏になると夏バテが辛くてなかなか調子が出ない人も多いのですよね?

何をするにしても、ダルいし、動くのも気力が・・・

スッキリしないし、体が重い・・・

そんな、夏バテを引き起こす原因とその対策をきちんと理解しておけば、もし夏バテになった時は正しい対処法で回復させるようにしておきましょう。

夏バテには下痢・吐き気・頭痛もあるので気をつけよう!

これからいくつかご紹介しますので、チェックしてくださいね。

 



どうして暑いと夏バテになるの?夏バテを引き起こす原因とは!?

 

真夏の日差しが暑い!

真夏の日差しが暑い!

 

なぜ暑い季節は夏バテになるのでしょうか?原因は?

その理由は「暑いから疲れる」というだけでなく、屋外と室内の温度差が大きく影響しているのです。

温度差が夏バテの原因!

わたしたちの身体は常に体温を一定にするために、夏は汗を出して身体を冷やし冬は熱を生み出すというようにエネルギーを使って体温調節をしています。

日中オフィスや学校のクーラーが効いた室内で一日中座りっぱなしで過ごし、通勤通学は物凄い暑さの中移動して汗をかきます。

体内の温度を調整する為に、普段よりも沢山のエネルギーを使いその機能を果たしている自律神経にも大きな負担を与えてしまいます。

自律神経の調子が悪いと夏バテ!

自律神経が調子を崩すと消化器系の働きが悪くなり食欲が無くなってしまい、栄養不足やエネルギー不足に陥ります。体力も落ちて疲れを感じ、夏バテになるのです。

そして暑いので冷たい飲み物や食べ物ばかりを口に入れるようになると、胃酸が薄まって更に消化が悪くなり身体も冷え悪循環に陥る。

食欲なくなり栄養不足エネルギー不足!悪循環。

また夜になってゆっくり睡眠を取ることができれば疲労回復にも繋がるのですが、熱帯夜で寝苦しい日々が続くと睡眠が上手に取れない人も居ますよね。日中の疲れを回復することができないままで、夏バテを引き起こすことも考えられます。

熱帯夜で睡眠不足で体力回復ができない悪循環。

原因は悪循環、対策としてはこれらの問題を一つ一つ対処すること。

 

夏バテにならないための予防策!なった時の対処法もしっかり覚えよう!

 

カラダの3つの対策最適化

カラダの3つの対策最適化

暑い夏を乗り切る為の対処3つの予防策

生活に取入れて夏バテにならないように注意していきましょう!

①クーラーの温度をきちんと調整する

クーラーがキンキンに効いた室内は、暑い屋外から入るととても気持ちよいものですが。

急激な温度差は思っている異常に体力を消耗してわたしたちの身体の自律神経が乱れてしまいます。

毎日この温度差を何度も繰り返していれば、その度に自律神経は過度に働いてストレスが溜まり疲労が蓄積してしまうので注意することをオススメします。

この温度差による自律神経の乱れを予防するには、温度差を 5℃以内に抑えることが大事です。

身体を冷やさない!体温を余り変化させない!

またクーラーの効いた室内で過ごす時は身体が冷えてしまわないように、膝掛けや上着、長袖長ズボンの対策をとっておくことも重要でしょう。

寒いと思えば、温度を下げる。上着などをすぐに着ること。

暑いと思えば、上着などを脱ぐ。

できるだけ、体の温度差が内容にしていれば、大丈夫です。

②規則正しい生活をする

熱帯夜でよく眠れない日々を過ごすことが多々あると身体に溜まった疲れはなかなか抜けません。

寝苦しくて寝付けない夜を過ごしたり、眠っていても暑くて目が覚めたりして睡眠の質が落ちてしまうことも夏バテの原因です。

良い睡眠を取ること!

しっかりと睡眠を取って疲れを残さない為に、お風呂はシャワーで済ませるのではなくお湯に浸かったり、アロマでリラックスをしたりマッサージをしたり、その他あまりにも寝苦しい夜は27度や28度など高い設定温度にしてクーラーをかけておくなど対策をたてましょう。

扇風機やサーキュレーターで部屋の空気を循環させてると、

27℃や28℃でもそんなに暑く感じません!

また朝はきちんと起きて、朝ご飯を食べるなど生活のリズム整えることも大切です。規則正しい生活で自律神経の乱れを無くすようにしましょう。

毎日同じリズムで、起きるようにしましょう!

③冷たい食べ物ばかりを食べないように気をつけバランスよく食べる

夏は暑さのせいで食欲が減退して、さっぱりとしたものや冷たいものばかりを食べてしまいがちです。

毎日喉越しの良い麺類ばかりを食べたり、冷たいビールやアイスクリームを頻繁に食べたりしていると栄養は偏ることとなり内臓も疲れてしまいます。

実は冷たい水より、白湯の方が胃腸にいい!

夏だからこそ、夏バテに効く食べ物!栄養面も考えてバランスのよい食事をしたいものです。夏野菜のゴーヤやピーマンなどの緑黄色野菜もおすすめですし、ビタミンの多い豚肉や、玄米等食生活にも気を配りましょう。

夏の野菜を取ることでパワーを貰えますよ!

夏バテ予防をしていても、こんなに暑い毎日が続くと睡眠不足や食欲不振で疲労感が溜まり夏バテを引き起こしてしまうかもしれません。

その対処法として、夜十分に眠れない分昼寝を20分程度してみることや無理せず運動をしてみることもおすすめです。

昼寝を少しだけ取る!寝すぎると良くない!

運動も炎天下の中長時間走ったり歩いたりすることはかえって良くないので、朝の涼しい時間に散歩をするとかベランダで体操をするとか、少し汗ばむ程度がよいでしょう。

少し、軽い運動をして、筋力保持で体力温存!

いつもエレベーターやエスカレーターを使っているところを階段にしたり、一駅多く歩くなどほんの少し変化をつけたりするだけで効果があります。

夏バテで憂鬱な気分になっていることも解消できますし、軽く身体を使うことで疲労感も出て睡眠が取りやすくなりますしお腹も減って食欲が回復することも期待できますよね。

ただ気温が高いので水分補給をして熱中症予防を忘れないようにしましょう。そして体調が良くないと感じたらすぐに運動をやめて、病院へ行くようにしてくださいね。

 夏バテ対策の対処法は? 

対策まとめで身体もラクチン

対策まとめで身体もラクチン

夏バテは気持ちも身体も辛くて、毎日が憂鬱になりますよね。

夏バテにならないように色々な予防策がありますのでぜひ実践してみましょう。

ただ暑さが続くとどうしても引き起こしてしまうものですので、無理をせず身体を労って自分が快適に過ごせる環境を作ることが一番です。頑張り過ぎて夏風邪をひいてしまっては大変ですので、どうしても辛い時は病院へ行って相談することもおすすめです。

体温調節 睡眠 食事・飲み物 適度な運動 

冷たいものでも、塩分補給などで、ポカリスウェットなど、スポーツドリンクなどのペットボトルでのガブ飲みなどは避けましょう!

ペットボトル症候群(シンドローム)といって、塩分もそうですが、糖分もあるので糖尿病になる危険性があるので、なるべく、水やお茶などで水分補給をしましょう!

熱中症も怖いので、水分補給は万全に!

食欲のない時は、スパイスの効いた食べ物で、胃腸が活発になることもあるのでおすすめですよ!

インド料理やタイ料理なども暑い国のFOODもいいですね!

これって?夏バテ解消の食べ物や症状?疲れだるさの対処法!夏を乗り切るために!

夏バテを乗り切る対策方法とは! 夏バテを乗り切る対策方法とは!

夏になると暑さのせいか疲れやすくなったり食欲が落ちたりと、様々な症状を感じますよね。

夏バテ解消の食べ物って?気になる!

せっかくの夏休みも何もやる気が起きなってくると、

「これって夏バテかな?」

と気になるでしょう。

夏バテの症状と対処法を紹介します。

これを知ってこの夏も乗り切りましょうね!

もしかして夏バテ?疲れだるさの症状が出たら早めに対処しよう!

身体が重くてダルい! 身体が重くてダルい!

身体がダル重く感じて、朝起きても疲れが取れていないなぁ・・

と感じたら、それは夏バテの一種かもしれません。

夏バテの一種!兆候!

わたしたちの身体は体温を一定に保つ為に体内のエネルギーを使ってコントロールするようになっています。

体温調節は自律神経の副交感神経の働きでコントロールされますが、夏になると気温の高い屋外とクーラーの効いた室内との温度差のせいでわたしたちの身体は常にその温度に対応しようとエネルギーを使う訳です。

体温を通常の体温である約37度程度にキープしようと働きますので、夏は毎日のように自律神経が忙しく働いているということになります。このエネルギーを使い過ぎて疲労し、夏バテを引き起こすと言われています。

コレが夏バテ!

と言うことです。

しかし温度差がない状態でクーラーが効いた室内にずっと居ればよいかと言うとそうではありません。冷えによるストレスから自律神経が上手に働かなくなり、胃腸の働きが弱まったり身体全体がダル重く感じたりしてその結果食欲不振に陥ることでも夏バテを引き起こします。

副交感神経は体温調節だけでなく、内臓の働きも調整しているので全体的な身体の不調に繋がって行くのです。

自律神経と副股間神経の上手にコントロールできない!

それに最近の夏は気温が異常に高く、地域によっては40度近くなるところもあります。

日本のような高温多湿の夏を過ごすことで、体力を消耗したり物凄い汗をかいたりすると体内の消化器官の機能が低下すると言われています。その結果疲れが出て食欲が無くなったり、食べ物を上手に消化できなくなったりするのでしょう。

また夏は熱帯夜で寝苦しい夜が続きますよね。昼間に太陽の熱で室温が上がってしまい、なかなか部屋の温度が下がらない日もあります。夜中にクーラーを付けたり消したりして寝不足の日が続き、日中の疲れを睡眠で回復することができない時も夏バテを引き起こします。

人間は睡眠中に体力を回復したり内臓を休めたり体内を整えたりしますので、その時間が上手に取れないことは間違いなく夏バテの原因になるでしょう。

まだまだある!夏バテの症状!それぞれの対処法も覚えておこう!

頭が痛い!頭痛や偏頭痛も夏バテかも! 頭が痛い!頭痛や偏頭痛も夏バテかも!

夏バテの症状は身体の倦怠感だけでなく、食欲不振、頭痛等を引き起こし、更には心にまで影響を及ぼすこともあるようです。

夏は憂鬱な気分になって夏鬱という症状もある程です。

夏バテのそれぞれの症状に対する対処法を見て行きましょう。

食欲不振は体力の低下とやはり冷たい飲み物や食べ物ばかりと取り過ぎて、内臓の働きが悪くなることから起こり易いと思います。

冷えからくる食欲不振!

夏バテ解消の食べ物は味に変化をつける!

食欲が沸かない時は、ビタミンやミネラルが豊富な果物や食欲が増進するような辛いものや酸味のあるものなどを中心にして少し趣向を変えるようにしましょう。

いつもの素麺もお野菜や豚しゃぶなど具材をたっぷりと使った具沢山素麺にしたり、酸味や辛みの効いたドレッシングを使ったり、冷たい素麺でなく温かい煮麺にしてみてはいかがですか?

逆に温かいものでアクセント!

また沢山食べられない人は量よりも質を考えて、疲労回復に効果があるウナギや豚肉、山芋、きのこ類などを取入れてみましょう。

食事だけでは十分な栄養素が取れない時や疲労感が続く時はビタミンB1、B6、B12などをサプリメントで摂取するのも一つの方法ですよ。

サプリメントを使用する!

疲労感は熱帯夜の睡眠不足や日中のクーラーによる冷えも原因として考えられます。

ぐっすりと眠れるように、シャワーではなくぬるめのお風呂に浸かってリラックスするとよいでしょう。お風呂の中で足の裏の人差し指と中指の間で少しくぼんだ「湧泉(ゆうせん)」というツボを押すと自律神経の乱れを整えてくれて疲れを取り除く効果があるので、マッサージをしてみましょう。

そして寝苦しい時は冷感タオルを使って首や頭を冷やしたり、吸湿性のある「い草」で作られた枕を試してみたりするのもよいですよ。

寝る方法を工夫をしてみる!

日中の室内でのクーラーも身体に疲労感と倦怠感を与えます。室外との温度差も自律神経の乱れを起こすので、室内ではクーラーの温度を余り低くしないようこまめに調節してみましょう。

勤務先や学校で自分では調節できない場合は、クーラーの風に直接当たらない場所を選んだり上着や長袖長ズボンを着用したりと、自分で工夫するようにしましょうね。

夏バテまとめ

夏といえばひまわり!暑さを吹きとばせ! 夏といえばひまわり!暑さを吹きとばせ!

夏になるとどうしても避けられない室内と屋外の気温差は、わたしたちの身体を知らないうちに疲れさせて自律神経まで乱れさせてしまいます。

夏バテの症状を引き起こすと、仕事も夏のイベントも十分に楽しむことができませんよね。

毎日の生活や食事、そしてクーラー対策を自分で気をつけることで予防したり対処したりすることができるでしょう。

できるだけ身体を冷やさないように!

この夏も自己管理に気をつけて、暑い夏を乗り切りましょうね。

スポンサードリンク

ペットも夏バテ気味?ワンちゃん
スポンサードリンクペットも夏バテ気味?ネコちゃん




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »