ランドセルの価格っていくらぐらいが妥当!?今時のランドセル事情!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ランドセル・選び

ランドセルの価格っていくらぐらいが妥当!?今時のランドセル事情!

子供が使うランドセルの購入を考える時、どの程度のものを購入するか悩みますよね。価格も1万円台から高ければ10万円のランドセルもあって、初めて子供にランドセルを買う場合は何を基準に選べばよいか分かりません。

小学校生活6年間使うものですので、買ってから後悔しない為にもこれからランドセルの平均の購入価格や人気の売れ筋の商品を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

子供・孫のランドセルを買いそびれたら!

国産!オーダーメードで安くて品質OK!

スポンサード

 

予約必須の人気ブランドランキング



ランドセルってピンからキリまであるけど…みんないくらぐらいを買ってるの!?

ランドセル・ピンク

ランドセルの価格は1万円台の安いものから、最高では10万円するものまで存在します。

その違いはやはり品質と作る手間です。本革やコードバンという馬革を使っているものは価格が高めで、クラリーノという人工皮革を使って作られた大量生産のランドセルは比較的価格が安めです。

また国内で作られているものか、海外で生産されているものか等で価格の違いがあるようです。

適正価格のランドセルでも6年間保証

一般的に一番売れている価格帯は4万円台のランドセルで、大半の人が3万円から5万円台のランドセルを購入しているようです。

ランドセルとしての機能は、3万円以上になると基本的な部分はどれにも備わっているので使い勝手は変わりません。背中が当たる部分は通気性のよい素材が使われていたり、ランドセルの形崩れはしないように設計されていたり、色も数種類準備されています。

3万円台以上のランドセル大抵は国内生産されているものなので、その先の値段の差は素材とデザインの差になると言えるでしょう。

その他大手メーカーで作られているもの、オーダーメイドであったり工房で作られているものだったり等で値段が変わってきます。

工房で作られたものは金額は高いけど、アフターフォローは結構、充実しています。修理や再生など、ちょっとした不安があるなっら、工房で購入したほうが安心かもしれません。

6年間使い続けるランドセルですので、値段だけで選ぶのではなく子供も親も満足できるようなデザインや品質を見て選ぶようにしたいですね!

購入時期

購入時期で、悩む方がおられますが、年々、購入の時期が前倒しで早くなっているそうです。

理由は?欲しい色味や、仕様のものが、人気に集中するので、買う時期が遅れると色味や欲しい仕様が少なくなってくるので購入時期が前倒しに早くなっているそうですよ!

早ければ、4月になって、来年の新入生になるお子様に向けて、展示会や販売会なども開催されているとのことです。

親御さんにとっては、子供の成長が嬉しいことですが早めに、デパートやショッピングモール・展示会など、お子さんを連れて、試着してさせてみましょう!

そのときに、ある程度、子供が欲しがるリクエストや素材なども含めて、調査がてらに行くのも一つの方法ですね。

一番売れてるランドセルの価格帯は?こだわりランドセル売れ筋ランキング!

 ランドセルを担ぐ、子供

 

一番売れているランドセルの価格帯は3万円から5万円台のようです。

ではこれからこだわりランドセル売れ筋ランキングを見て行きましょう!

1位セイバン(天使のはね)

CMでもとても有名なセイバンの「天使のはね」が売れ筋1位の理由は、品質にとてもこだわりがあるところです。背負ってみて物凄く軽く感じる訳ではないのですが、それでもその名の通り軽く感じるような作りになっています。耐久性も中身の容量も十分でバランスのよいランドセルだと言えます。

2位:萬勇鞄

名古屋で1950年創業の老舗メーカーで、毎年5月にランドセルの受付を開始して6月末には終了する程人気のランドセル工房です。ランドセルの部位によって縫い方を手縫いとミシン縫いで分けていて、縫製のこだわりでとても丁寧に作られています。ランドセルのカラーもとても豊富で、高品質ながら他の工房メーカーよりもお手頃価格ですので人気なのがわかりますね。

3位:ハシモト(フィットちゃん)

フィットちゃんはその名の通り背中にフィットするという抜群に使いやすさのこだわりランドセルとして人気の商品です。丈夫なのにとても軽く、細部まで子供のことを考えたランドセルを自社設計製造しています。種類もとても豊富で137種類ありますので、素材やデザインで色々な価格帯から選べるので助かりますね。

4位:カバンのフジタ

カバンのフジタは1956年創業の老舗ランドセルブランドです。こちらのランドセルは全て牛革を使用していて、牛革へのこだわりで、他のランドセルメーカーと比べてとても良心的な価格で販売しています。背負い心地を重要視していて肩や背中に当たる部分にはとても柔らかいソフト牛革を使用していて老舗カバン屋さんらしい心遣いが感じられるランドセルを見つけられます。

5位:羽倉ランドセル

「鞄の街」兵庫県豊岡市に拠点を置くランドセルメーカーで、こちらは全てが手作りで本革使用というこだわりのブランドです。従来本革のランドセルはカラーバリエーションが少ないと言われていますが、こちらにはカラーが豊富に揃っていて縫製や品質など全てにおいて評価の高いランドセルを扱っています。

ランドセルは一番安いものは1万円台から売られていますが、実際の売れ筋の価格は3万円から5万円台のようです。商品を目で見て子供に背負わせてみると、背負い心地や品質など値段に合ったものであると理解できると思います。

子供にとっては長く使う鞄ですので、満足のいくものを選べるといいですね!ぜひ手に取って比較して決めてください。




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »