尼崎市民のデーター46万人USB紛失不祥事!あれからの評判は?

スポンサードリンク
 



尼崎市民のデーター46万人USB紛失は誰がした?何が問題?

尼崎市役所

データー紛失・漏洩の危機が問題!

あっと!言う間のSNS拡散で露呈した事件でした!

役所での杜撰さが、最近目にあまります。

役所のアウトソーシング会社が
USBに入れて、役所から持ち帰ることが
問題であって、管理会社の管理責任が
発端ということを強く、問題視することが

今後の対策を考える注意発起と
なって欲しい!

イタズラなのか?
●ルカリで同じタイプの
USBが¥452,600で

売りに出されている!

現在は削除されています。

地方の役所でもこんなユルユルなら

政府省庁の官僚もユルユルだよね!

今晩の飲みに行くところと食事会とか

予算分捕りで国民の事なんか考えてないよね!

どこから?

こんなに日本は脆弱になったんだろう?

危機感なさすぎです!

スポンサードリンク




●ルカリで売られているUSBは果たして本物か?

USB端末
●ルカリで、USBが
¥452,600で、売られていることに

問題はないのだろうか?

こういった不祥事に

危機管理をもっとしっかりと・・・

最近、役所の不祥事問題が多いと感じるのは?

筆者だけでしょうか?

山口県の給付金振込事件(4300万)も
役所の不祥事で報じられる。

受け取り側の詐欺事件と発展してしまう。

こんなことがなければ、こういったことは

起こらなかった!

今回も、アウトソーシングの会社であるが
役所の46万件の個人データーが漏洩

これは、果たして誰が悪いのか?

もしかすると、国としての問題も
そのうちに起こり得るかもしれない・・・

USB紛失問題は果たしてこの問題は誰が悪いのか?

悩み
紛失した管理会社の社員が悪いのであって
あってはいけないことであるというのを

自覚しているのかも問題!

それも、宴会で酔っ払って
泥酔して気がつけば

USBのカバンを紛失していたという
状況であることが問題!

それで、話題になったUSBの
同じものを●ルカリで出品した人は

イタズラで出品したのか?

それとも、本物と思って
当人やその会社が

買い取るのか?

そんな実験をしていたかもしれない。

もちろん、セキュリティとして
PASSワードを掛けているがという
話を報道で話すことも問題!

この時点で、何桁のパスワードと言った
時点で、この会社の安直さが

物語っている!

まったくの、危機管理がないと
思えます。

理由としては・・・

悪意のある人であれば、

ランダムにPASSワードを
解析する人がいるかもしれない。

PASSワードを見つけるかもしれない
ということをこの管理会社は

わかっているのだろうか?

その辺も疑問視する話と
思えます。

★でも、カバンとUSBが出てきて良かったね!

善意のある人が届けてくれて、

日本も捨てたもんじゃないですね!

まとめ

現代はデータ社会で
この46万の尼崎の住人達の
データーが入っていると言われますが

このデーターを悪用して
使用されることが問題なので

誰も、どうなっているかは
事件が起こってからしか
分かりません。

それよりも、日本全体が
性善説よりも

それを利用する犯罪者達を
増やさないためにも

それぞれの自覚を持って

どうして?
これはダメなのか?

そうなるのか?

それを徹底的に
企業も役所も

教育も家庭内でも

教えることが
大事だと感じます。

何気ない、誰も傷つかない

誰の責任でもないなど

簡単に考えるのではなく
しっかりと

人の心に残るように
それぞれが、気づくことに

気づきに注意発起として
こういった事件を

見て欲しい!

と感じます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 



コメントの入力は終了しました。
Translate »