意外と知らない知識「土用の丑の日の食べ物」の意味!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク
 



意外と知らない「土用の丑の日に食べる食べ物」の由来を紹介

うなぎ-1

「土用の丑の日」は立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間を指している。

土用の丑の日にうなぎを食べるのは、
土の気が盛んになる時期だからだそうです。

土用の丑の日にうなぎを食べるのはなぜ?

案外知っているようで知っていない!

スポンサードリンク




土用の丑の日」にうなぎを食べる風習の由来を解説しましょう!

江戸時代の夏の土用は、体調を崩しやすい時期だった。
鰻は栄養価が高く、薬効もあると考えられていた。

うなぎの旬は実は冬で、夏になると値段が高くなります。

日本以外の国では、土用の丑の日にうなぎを食べる習慣はありません。

実は風習として、土用の丑は土いじりをしてはいけない習慣があります。

「土用の丑の日」はなぜ「土いじり」をしてはいけないの?

畑作業

土用とは季節の変わり目で人間が

体調を崩しやすい時期と言われていて・・・

暑かったり、寒かったり、蒸し暑かったり

体調が崩れやすい時期です。

なので土いじりをすると病気になると考えられていたため、
滋養のある鰻を食べるようになったようです。

関東と関西の「うなぎ」の違いって?知ってる?

東京と大阪

うなぎのサバキ方が
●関東は背中からの背開き

●関西は腹開きで調理する。

●関東は串に刺し、白焼きにして一度蒸してから
再度、タレを付けて付け焼きにするので
身が柔らかくふっくらとするのが江戸前調理

●関西は、直火で焼きながら、タレにくぐらして
何度も焼き上げる。

直火なので、革がパリッとして触感が良い!
ただ、うなぎの皮が、硬いという人もいるので
お好みで食べ比べするのも、面白い!

関西ではうなぎを『まむし』とも言う。
マムシって?蛇?と連想しますが・・・

実は、関西では『まむし』
ご飯をまぶす、つまり、

ご飯 うなぎ ご飯 うなぎ の4階層になっているため
ごはんを『まぶす』から マムシと言われています。

関西で『まむし』食べに行こか?
はうなぎを食べるということです。

まとめ

日本人は季節を感じる土地柄
四季折々の食べ門がたくさんあrます。

スピリチュアルな考え方から
お話すると・・・

旬のものを食すことで
スピリチュアルなパワーを貰えます。

夏にみかんを食べても
温室みかんで美味しいかもしれませんが

大地のパワーとふんだんの
日光に照らされたみかんとは
大地のエネルギーが違います。

うなぎは実は、脂が乗るのは冬ですが
土曜の日の風物詩として

夏バテ防止でうなぎを食べる!

そんな、江戸時代からの習慣で
うなぎのタレの焼けた臭いで

香ばしい醤油の焦げた香りで
食欲をそそられます。

ぜひ、土用の丑にはうなぎを
食べましょう!

でも、けっこう!高価なんですよ!

●プチ情報:

実は、江戸前で

東京神田駅・西口商店街を入ったところに

うな正・という
鰻屋さんがあります。

ここのうなぎは 1,000円くらいで
うな丼が食べれる人気店!

なぜなら、国産うなぎしか
使っていないので、

あの泥臭いに臭いや、独特の
輸入うなぎの臭いが苦手な人は

ぜひ、オススメです。

今どき、国産うなぎを
1000円くらいで

食べれる、うなぎ屋なんて・・・

ココ以外、見たことありません!

神田近辺には、たくさんのうなぎ専門店が

たくさんありますので

うなぎ好きにはたまりません!

ぜひ、お試しあれ!

スポンサードリンク
 



スポンサードリンク
 



スポンサーリンク

スポンサードリンク
 



スポンサードリンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 



Translate »