スポンサーリンク

「七夕」の伝説ってどんなの?彦星と織姫が年に一度だけ会える日!口コミや評判で広がる麺類とは!

  当ページのリンクには広告が含まれています。

七夕にまつわる伝説をまとめてみました。七夕夜空

 

笹竹に願い事を書いた短冊を吊るし、
夜空を見上げると天の川が見える。

7月7日の夜に雨が降ると、
織姫と彦星は会えないといわれている。

 

 

created by Rinker
¥1,220 (2024/04/13 08:54:50時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

  当ページのリンクには広告が含まれています。

意外と知らない知識「七夕の食べ物」 地方によっていろいろな由来があった!

意外と知らない「七夕の食べ物」の地方ごとの由来を紹介。
笹の葉に願い事を書いた短冊を飾り、
食べ物をお供えする習慣があった。

笹の葉に色とりどりの飾りを付けた
「七夕そうめん」を食べる地方もある。

中国では索餅(サクベイ)という料理があり、そこから由来が
7月7日に皇帝のこどもが疫病で亡くなった、疫病が流行り

鎮めるために索餅を亡き子供にお供えすることで流行り病が
静まったのでそうめんを食べる習慣になった。

 

そうめんの作る工程は織姫の機織りに似ている

棒に細いそうめんを吊るし乾燥させている様子が

機織りしているように、見えるのです!

そうめん作成

そんなことも由来として加味されている言い伝えがある。

 

【七夕そうめん】レシピ七夕そうめんの盛り付け方

七夕そうめん

そうめんを一束を糸で縛り、茹でて色とりどりに
お皿に盛り付け

 

具材はオクラを輪切り
プチトマト 半分に切り
卵焼きを 星型に切ったりして盛り付ける
紅白かまぼこも飾り付けには色とりどりでキレイ!

あとはそうめん出しを上から
ブッカケ風にすれば出来上がり!

そうめんと言えば!
奈良・三輪素麺!

何が違う?

細くても、茹で上がりは
腰があって、他のそうめんとは全然!

一味違います!

食べ比べるとわかります。

 

created by Rinker
¥1,220 (2024/04/13 08:54:50時点 楽天市場調べ-詳細)

 

まとめ

七夕の伝説は、日本だけでなくアジアの多くの地域に共通する恋物語で、織姫と彦星が年に一度だけ会える日、7月7日に祝われます。この日は、願い事を書いた短冊を笹の葉に吊るし、夜空に輝く天の川を眺める習慣があります。しかし、七夕にはただロマンチックな物語だけでなく、地方によって様々な風習や食文化が存在しており、特に「七夕そうめん」には面白い背景があります。以下に、七夕の伝説と関連する麺類についての口コミや評判が広がる理由をまとめます。

  • 七夕の伝説:
    • 七夕は、織姫(織物をつくる女神)と彦星(牛を飼う神)が年に一度、7月7日に天の川を渡って会える日とされています。
    • 伝説では、二人が会えない年は雨が降ると言われ、これが「涙の雨」とも言われる理由です。
  • 七夕の食べ物とその由来:
    • 七夕には地方によって異なる食べ物がありますが、「七夕そうめん」は特に有名です。
    • 中国では、索餅(サクベイ)という料理が7月7日の由来となり、疫病を鎮めるためのお供え物として始まったとされます。
    • そうめんを作る工程が織姫の機織りに似ているという点も、七夕とそうめんの結びつきを強めています。
  • 七夕そうめんの特徴:
    • 七夕そうめんは、色とりどりの短冊を模した鮮やかな盛り付けが特徴です。
    • 具材にはオクラ、プチトマト、卵焼き(星型に切る)、紅白かまぼこなどが用いられ、見た目も華やかです。
  • 奈良・三輪素麺との違い:
    • そうめんと言えば、奈良県の三輪素麺が有名です。これは、他のそうめんと比べて細く、茹で上がりに腰があるなど、一味違う食感が楽しめると口コミで評判です。

このように、七夕はただの恋物語だけでなく、食文化や地方の風習を通じて、日本の夏を彩る独特の文化を持つ行事です。特に「七夕そうめん」は、その伝統的な製法や食べ方が、時代を超えて多くの人々に愛され、口コミや評判を通じて広がりを見せています。夏の訪れとともに訪れる七夕の季節は、日本各地で様々な形で祝われ、人々の心に新鮮な驚きと喜びをもたらしてくれます。

なにげなく、七夕って子供のときに
幼稚園や小学校で

行事として合った感じがするこの頃です。

子供に七夕の意味って
彦星と織姫が

1年に一回会える日だよ!

それくらいしか教えられませんでした。

調べてみると、いろいろな説があって
日本の風習の中に

溶け込み

仙台なども七夕祭りが
地方行事として

今も、賑わっています。

日本全国でいろんな行事
参加してみるのも面白いですよ!

食べ物もいろんな風習があるので
ぜひ、みなさんも参加してみて下さい!

 

 

役立つ知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
admin-chishikinomadoをフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました