鬼滅の刃 無限列車編は単なるアニメと言えない魘夢の血鬼術 !

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク
 



鬼滅の刃 煉獄杏寿郎

ネタバレしてしまうが、
単行本が発巻されているので

敢えて、お話しますが・・・

単なるアニメとは言えない
内容だった!

それは、魘夢の血鬼術!

無意識の領域に入って
自己の核を壊す!

という血鬼術に驚いた。

核を壊せば
自我が壊れて
何もできなくなる

ということだったと思います。

炭治郎の無意識領域は
ホントに優しい心の持ち主
だったはず。

自我がなく透明感のある
心ということでした。

スポンサードリンク




アニメと思って軽く見てたがビックリ!

これって、仏教で言う
唯識論という

れっきとした
学問って知っていましたか?

ここに、感動を覚えました。

1500年前から日本の仏教には
学問である唯識学というものが

存在しているのです。

鬼滅の刃 無限列車の無意識の領域って何?

顕在意識と潜在意識と無意識の領域
人間の意識とは

今、アナタが
このブログの内容を
読んでいる時点は

顕在意識と言われるところ

無意識とは?

自分では意識していなくても
ついつい偏向があったり

思考や嗜好で行動してみたり

例えば、この匂いなら
この情景が浮かぶとか

なぜか、懐かしい
匂いとか・・・

手の感触でも
初めての感触
なのに

以前にも触った感触があるとか

デジャブのように
この場所に
来たことがないのに

以前、昔、むかしに
ここに来た記憶みたいなものがる。

など

そういったものが

無意識の領域

無意識に感じている意識。

潜在意識とは?

火事場のクソちからというように
絶対に重たくて持てないものが

いきなり、危険を感じると
軽々と力を出してしまう現象など

これは、潜在意識を開放
することで

思わぬ力を発揮するような
自分の顕在意識では考えられない

意識が潜在意識です。

そんな鬼滅の刃 無限列車の内容で無意識の領域の話がストーリーって凄い!

鬼滅の刃 無限列車
一応、唯識論の内容をメモしておきます。

興味があるなら
知っておいて下さい!

  • 第1意識 眼識
  • 第2意識 耳識
  • 第3意識 鼻識
  • 第4意識 舌識
  • 第5意識 身識(触感)

ここまでが五感

  • 第6意識 意識とは?
  • 第5意識の総合的

思考している顕在意識 

これが第六感

ここから潜在意識の領域

  • 第7意識 末那識(マナシキ)
    根本的な自己中心的
    自我の意識(四我)

ここから無意識の領域

  • 第8意識 阿頼耶識(アラヤシキ)
    全ての記憶の貯蔵されたところ
    先祖からの記憶も含まれる

悪業(アクゴウ)
悪い行いをした
業(カルマ)という

善業(ゼンゴウ)
善い行いをした業

全て、阿頼耶識に記憶される。

だから、祖先の悪業も
自分の身に降りかかる

アナタの悪業は
血を分けた兄弟
子供・孫・ひ孫にまで

記憶されているので
必ず、報いを受ける。

これが
因果応報

この世では、人を殺して
罪を償い

娑婆(シャバ)に出ても
それは

現世では罪を
償った証ではあるが

後世は、わからない
アナタではなく
親族すべてに
降りかかる
という記憶が

この阿頼耶識には
残っているということです。

  • 第9意識 阿摩羅識(アマラシキ)
    神・仏の意識の世界
    心王 神様と同じ意識

神様って鏡でしょ!

神社に行くと八咫鏡がありますね

なぜ?鏡なのか?

鏡は自分を写します。

自分が神様なのです。

だから、
神社にお参りに行きますが

お願い事をしてはいけないのです。

自分の決意をしに行くところ
なんです。

だから、
合格祈願でも

私は必ず、合格します。

という決意表明です。

神との誓いということです。

  • 第10意識 乾栗陀耶識(ケンリツダヤイシキ)
    宇宙の真理

体感した空海が唱えた論文が残っている。

宇宙意識と繋がることで
全てが手に入るということです。

実際に、空海は全てを手に入れています。

たった、僧侶になって30年で
1300年続く、真言宗という
宗教教団を作りました。

首都の都市開発から
美術・学業・風水・天文学
建築・国土開発・著書など

全てを手に入れています。

それが宇宙意識というもの

まとめ

鬼滅の刃 無限列車編で

魘夢の血鬼術!

無意識の領域という

ところで

煉獄杏寿郎は
炎柱の如く

心も熱く
心を燃やした核で

心が熱く燃え盛り
炎の如く

信念を曲げない
真っ直ぐな心

本当に
タイトル通り

心を燃やせ!

でしたね・・・

善逸は禰豆子を
大事にして

誰も寄せつけない

自分を犠牲にしても
禰豆子だけを守る

という優しさの心
でしたね・・・

伊之助は
俺が一番で
俺が親分で

子分は絶対に
守るという

設定でした。

現在、映画を見ている
子どもたちが

成人になり社会に出て
この鬼滅の刃の物語が
少しでも

潜在意識に焼き付いていれば
人間として

成長していくのかな・・・
と感じました。

逆に
残虐なシーンは

エグいですが・・・
死んだら
取り返しがつかない!

そういうところを
学べば良いと思っています。

ゲームのように
生き返ることはないと
言うことも

学べるところと
感じました。

ホントにアニメだから・・・
というような内容でないところが

鬼滅の刃の良いところと感じました。

僧侶でさえ話題になっていて

老いることも
死ぬことも
人間という儚い生き物の美しさだ

仏教で言う
生老病死という部分です。

奥が深い!

アニメですね・・・

あと、3回は見そうです!

スポンサードリンク
 



スポンサードリンク
 



スポンサーリンク

スポンサードリンク
 



スポンサードリンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサードリンク
 



Translate »