新型コロナ新たな治療法?ラマって知ってる?動物のラマが人間救う!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




人類を救う!ラマちゃん!



ラマって?南米アンデス地方にいる動物!

今、ラマが話題になっている!
新型コロナに新たな治療法に
ラマが使われる。

理由はラマ抗体!

ラマ抗体って何?(VHH抗体)

これは、ラマという動物
種類的にラマ・アルパカ・ラクダなど

ラクダ科の動物
ラクダ科の動物には
ウイルスに対する免疫が
非常に強いらしく

そのラマ抗体(VHH抗体)を使って
人間に応用できないかを
急ピッチで研究されている。

何でもラマ抗体は
ウイルスに侵入されても
人間の受動体に
くっつく作用を阻害して

無用化するらしい・・・

だから、ラマなど
病気知らずの動物で
飼いやすいようです。

ラマ抗体は何度も注射すると
アナフィラキシーの心配はあるが、

大腸菌や酵母で
大量生産できるので、
極めて安価な抗体として
利用価値が考えられる。

引用:https://aasj.jp/news/lifescience-easily/13032

その他にも有名なのはダチョウもウイルス抗体が強い!

人類の救世主!ダチョウよ!お前もか!

京都大学の教授が発見した
ダチョウの抗体
ウイルスを阻害して

中和して無用化してしまう
のを発見していて

マスクなどにも
応用されている。

ダチョウにウイルスを
接種させて

生まれてくる
ダチョウのタマゴ
採取して

ダチョウのタマゴから
ウイルス抗体(VHH抗体)
採取して

商品化しています。

ダチョウを用いた有用抗体の作製とその応用化研究課題

ラマ抗体に新型コロナウイルス治療が最適?その理由は?

ラマ抗体を採取して培養すれば
非常にコストも安くなるので

この研究が急ピッチで
研究されています。

何でも大腸菌や酵母
大量生産できるらしく

非常に安い治療方法になる
かもしれないので

注目が集まっています。

アルパカが持つ不思議な抗体の魅力

最近では北里大学研究グループが花王と共同研究で

ラクダ科のVHH抗体の取得に
成功しています。

花王が参画した新型コロナウイルスに関する共同研究の成果について

その他にも
イプシロン・モレキュラー・
エンジニアリング社
研究グループも

研究成果が出ているようです

近々、未知のウイルスに対して簡単にVHH抗体が手に入れる時代になる?

地球ってすごいですね・・・

決して
人間だけが偉いのではありません。

発見するのは人間かも
しれませんが・・・

人類も動物も植物も
地球上にあるものは

すべて共存共栄している
ということを

あらためて感じました!

グレートネイチャー!
ですね。

未知のウイルスを無用化してしまえば
感染リスクが少なくなって

重症化しなくて済むことで

重篤患者が減ることで
ICUや病床が確保できて

医療崩壊を防御できる
ことが

現在の課題ですね・・・

こういった情報が
あると

治療方法がない恐怖から
人類は救われます。

新型コロナや未知のウイルスに
対応できる

治療法の確立が
待ち遠しいですね!

ご参考まで・・・




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »