またまた!新型コロナにアクテムラが効果があるのか?リウマチ薬なのに?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




アクテムラが新型コロナの治療薬とは?



またまた、新型コロナ治療に朗報!

日本の治療薬に
アクテムラという
リウマチに効果がある

リウマチ薬が、

新型コロナに効果があることが
わかった!

なぜ?リウマチ薬なのに?

中外製薬のアクテムラだ!

ヒト化抗ヒトIL-6
レセプターモノクローナル抗体
アクテムラ点滴静注用

新型コロナ治療に朗報!既に、治験に着手しているとのこと!

これで、新型コロナに
効果があるかどうかを
治験している日本の薬は

  • アビガン
  • イベルメクチン
  • アクテムラ

この3つが
治験されているという・・・

最終的には
あとは、薬ではなく
血清治療!

新型コロナが完治した
人の血液を募集して
血清治療も挙げられる。

本庶佑京大特別教授
「急性期にアビガン、重症肺炎時にトシリズマブを」
重症COVID-19肺炎への
アクテムラの効果については
国内の研究者・臨床医から期待する
声が上がっており、

ノーベル医学生理学賞受賞者の
本庶佑京大特別教授も4月6日付で
公表したCOVID-19対策の緊急提言で、

①急性期には抗ウイルス剤「アビガン」、
②重症肺炎時の炎症反応の
暴走時にはトシリズマブ(アクテムラ)─
などを実地導入すべきと訴えている。

引用:https://doctor.mynavi.jp/contents/column/news-i284/

この本庶佑 先生って
知っている人は知っている
ノーベル受賞者の本庶先生です!

免疫に関わる薬らしい・・・

中国でも20人中・19人回復したという
報告もあるとのこと!

アクテムラ関連の記事はコチラ!

アクテムラ、新型コロナウイルス肺炎を対象とした国内第III相臨床試験の実施について

NEWS 重症の新型コロナ肺炎患者対象に「アクテムラ」国内治験実施─中外製薬

本庶先生の新型コロナウイルスの標的細胞(EMBO J オンライン版掲載論文他)

いよいよ、日本の医療が試される時が来たという感じです!

それも、北里研究所で、ノーベル賞受賞者の
イベルメクチン開発者の大村先生

次は、こちらもノーベル賞受賞者の
本庶佑 先生 京大教授が推奨している!

これって、凄くないですか?

やはり、ノーベル賞って凄いんだなと
感心する出来事。

日本てやっぱり、ノーベル賞をとるって
基礎知識をしっかり勉強してきてることが

ホントにわかる。

コツコツと、積み重ねてきた
研究成果!

北里紫三郎といい
野口英世といい

やっぱり、日本って凄いとしか
言いようがないと

感じました。

早く、新型コロナの治療の方法を確立できることを望みます。

もうすぐ、治験レベルで
新型コロナの治療方法が確立
できそうで、少し、安心した
気持ちになりました。

少し肺炎が酷い人と
重篤な人に使用できる薬と

そういう使い方ができるのは
色んな選択肢ができて

たくさんの治療方法・
対処方法ができるということ!

世界の人達を救うことができると
思うと、ドキドキ・ワクワク
しますね・・・

人類を救えるのは
人類ですから・・・

みんなで乗り越えましょう!




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »