新型コロナ治療薬?イベルメクチンはノーベル賞・新開発薬の効果は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




新型コロナにはイベルメクチンか?



ノーベル受賞者・大村先生が新開発したイベルメクチンが有効?

抗寄生虫薬

それがイベルメクチンだ!

日本科学者って凄いと思う!

こんなところでも話題なのだ!

ノーベル受賞した大村先生が発見した
微生物から分離した

抗寄生虫薬イベルメクチン

が新型コロナウイルスに
増殖抑制する効果があるのではないか?

という研究結果を発表された!

それも48時間以内に
抑制すると実験結果を
した経緯なのだ!

であれば、重篤患者に
有効になるかもしれない!

そんな期待がかかっている。

試験管内の実験で
新型コロナウイルスの
細胞内での
増殖を止めると言う
論文が発表された!

このような背景のもとに、
この研究では新型コロナウイルスの細胞内での
増殖をイベルメクチンが抑制できるか調べており、
サルの腎臓由来Vero培養細胞に
新型コロナウイルスを感染させ、
48時間後にイベルメクチンを添加、
その後のウイルスの増殖を調べている。

結果は報道の通りで、
ウイルスの増殖が24時間で
1000分の1に低下する。

また、服用可能な濃度で
この効果が得られることを示している。

引用:https://aasj.jp/news/watch/12749

新型コロナ治療薬として現在治験されているのは

  • アビガン
  • 抗エイズ薬・カレトラ
  • エボラ出血熱・薬・レムデシビル

などが治験されているようだ!

この北里大学・大村先生の新開発した
抗寄生虫薬イベルメクチンに

期待がかかっている!

日本には、

アビガン
イベルメクチンで

人類を救済できれば
本当に嬉しい出来事ですね・・・・

イベルメクチンって?ノーベル賞・受賞者の大村氏が新開発?

もともと、イベルメクチンは
抗寄生虫薬用に開発されたのが

イベルメクチンなのだが

こんなところで治験されて
結果が出始めていることは

偶然なのか必然なのか?

日本の科学者が
活躍している!

新型コロナウイルス抑制に効果が期待されている!

実は北里柴三郎はペストで受賞されても不思議ではなかった!

北里柴三郎は当時
ノーベル受賞されなかった

北里柴三郎がペスト発見
でノーベール賞を逃している。

実は、フランスよりも
日本の方が、その当時
発見が、早かったが

日本という国が
まだ、未開と思われて
ノーベル賞を
とれなかった経緯があるらしい。

これで、ノーベル賞受賞者の
北里大学の大村先生が
活躍できれば

本当に、嬉しい朗報となりそうだ!

イベルメクチンの記事はコチラ

4月8日 抗寄生虫薬イベルメクチンが新型コロナウイルスに効果がある理由

新型コロナ感染症:ノーベル賞を受賞した日本発の治療薬「イベルメクチン」が救世主に?

ノーベル賞・大村智氏開発の薬 新型コロナに“抑制効果”

はやく、治療薬が認可されればいいですね!

日本の新型コロナの治療薬
候補としては

富士フィルムのアビガン

大村先生のイベルメクチン

このふたつが何らかの
新型コロナの治療薬に

成果が期待されている
ということを
私達は知っておきましょう!

はやく、結果が出れば
いいですね・・・

ご参考まで・・・




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »