部下の考えをすくい上げる、上司面談での心得とポイントとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加






上司面談の心得とは?人間関係を円滑にするための面談の進め方!

上司面談の心得とポイント

上司面談の心得とポイント

職場における上司面談は、上司と部下のだけでなく社内の人間関係を円滑に進めるためにも仕事をスムーズに行うためにもとても重要なものです。

アナタが上司で部下から直接、仕事の進行状況、人間関係や仕事上での問題点、また本人の考えなどを聞き出すことができる絶好のチャンスですので、上手に聞き出したいものです。

上司面談をする際してこちら側の進め方が上手くないと時間ばかり費やしてしまい余り意味のないものになってしまう可能性があります。

アナタが上司として上司面談をする時の心得を知って、面談するポイントを知っていれば、部下との面談時間を充実したものになりますよ!

これから部下の話を引き出す質問例や面談の進め方をポイントを紹介します!

会社の上司面談の進め方!面談で聞くべきことと伝えたいこと!

上司面談のポイントとは?

上司面談のポイントとは?

上司面談は基本的には部下から話を聞いて仕事上での目標に対する状況を確認することと、それにアドバイスや指導を行うことが目的の面談です。

上司面談を効果的に使うことができるようになれば、部下の成績が上がり成長することができますし、上司であるアナタも会社にその貢献度が認められることになります。

また、部下とのコミュケーションも取ることができるので面談は大切な時間ですよ。

ではポイントをいくつか紹介します!

上司面談の進め方でのポイントは3つです。

  • 部下の話を聞くこと
  • 答えやすい質問をすること
  • アドバイスや具体的な改善策を示すこと

まず、上司面談は上司であるアナタが部下の話を聞かずに一方的に話をする場ではないことを頭に入れておかなければなりません。

そして上司は偏見を持たず、主観を持って部下の話を聞き、決めつけた判断をしないように気をつけることがとても重要です。

また、自分の考えを押しつけるようなことはしないように心がけましょう!

また何の準備もないまま、「さあ話してください」と部下に要求を求めても相手も困ってしまうので部下が答えやすいように、質問することをいくつか準備しておくことが大切です。

その質問も「仕事の調子はどう?」と言った曖昧なものでは返事も単調になってしまって会話が続きません例えば、「次に取りかかるプロジェクト、資料を読んでみた?それについてどう思う?」と具体的な内容を質問する方が部下も説明しやすく会話が進むと思いますよ・・・

あとは、聞き出したいことを答えやすいように誘導するようにすれば、部下の本音も聞けるようになります。

部下が質問の返答で意見や反論に対して、上司は一方的な判断をしてはいけません。

ましてや、責めたり否定しては、本音が聞けなくなります。責めたり否定するよりは改善策や解決策を一緒に考えたり提案をしたりする方が建設的で良いです。

あとは課題の残る場合は、結果だけでなく部下がそれまで取り組んで来た過程を読み取り次へステップアップできるように導くことが大事なことです。

部下が伸び伸びと、自分のスタイルで我が社の意向に沿ったことをしてもらうことが会社にとっての一番の貢献で、それは、全社員にとって利益追従であり、果ては社員に還元できる土台がつくれるという理念となってきます・・・

上司面談の心得とは?!部下の話を引き出す質問例と面談の進め方をレクチャー!

面談の受け答えとは?

面談の受け答えとは?

上司面談では部下の悩みや提案、リクエストを聞き出し、現状を正確に理解して疑問を解消すしてあげることこそが大切だと言えます。

ただ上司面談の心得として注意すべき点は社員が上司との面談に緊張してしまって思ったように話せない部下がいるということではないでしょうか。

まず部下が話しやすい環境を整えることが大切だと考えましょう、テクニックとしては上司面談を始める時に、仕事以外の話で部下の緊張を和らげ話しやすい雰囲気を作ることから始めましょう!

そして緊張をほぐした後は、前述したように進め方のポイントを抑えて部下の話を聞き出します。

質問の仕方としては、「はい」「いいえ」で答える質問ではなく部下が自由に答えられる質問をしましょう。

「はい」「いいえ」では、何位もコミュニケーションが取れません。

またせっかくの上司面談なので、部下の本音を聞き出すことができればいいのですが、なかなか答え辛い内容であった場合は聞き方が大切です。

質問例としては、こういったのはどうでしょう?

  • 「このメンバーで上手くコミュニケーションを取れている?」
  • 「このプロジェクトを進めるにあたって悩んでいるんじゃないかと思っていたんだけど、」

と、言い辛いことや仕事で困っていることを話しやすく質問すると良いでしょう。

直接的に悩みを聞かれると相手も構えてしまいますので、話の流れで聞くと答えやすいですよ。

その他にもミスをしたりミスが続いていたりする場合、解決に導く為の質問も大事なことです!

質問例としては、こういいったものはどうでしょう?

  • 「なぜそのミスが起こったんだと思う?」
  • 「前回上手く行った時は何に気をつけていた?」

と聞き、その返事に対してもっと掘り下げて行くような質問をするとよいですね。

次にこういった質問はどうでしょう?

  • 「ではなぜ今回は前回の手順を踏まなかったんだろう?」
  • 「今回のやり方によかった点はある?ミスから得たことは?」

何が問題だったかを明らかにしたり、それから得たものや今後の仕事に生かせることを一緒に導き出したりすると前向きな話ができます。

問題提起と解決方法を分かりやすく説明することです!

また部下に、より高い目標を持ってもらったり、モチベーションをあげてもらったりする為に効果的な質問もしていきましょう。

例えば、こういうモチベーションのあげることに効果的な方法があります!

  • 「どんな目標を描いてる?目標を達成したら、アナタにとってどういう意味がある?」
  • 「達成すると、どういう可能性が生まれる?」

理想的なことが現実になった時の達成感と具現化にはモチベーションの維持が絶対必要です。

目の前の仕事や「営業成績の目標を達成する」とか「1位を取る」とかの目標だけに捕われて、仕事自体に対するモチベーションが落ちることもありますので、その先にある目的や意義を考えさせることも上司にとって重要な役割です。

【まとめ】

上司面談は部下の本音を聞き出すいい機会なので、ぜひ、心構えとポイントを知識として持っておきましょう!

問題や悩みを解決へ導いたり、視点や発想を切り替えさせたり、可能性を広げてあげたり、部下を成長させることができればアナタも立派な彼らの上司です。

上司面談はプレッシャーを与えてしまいがちなので、上手な質問をして相手がリラックスした状態で話を聞き出すようにしましょう!

落語で言う、枕ことばと同じように、奇をてらって、本題へと進んでいくようにして緊張をほぐしてあげて下さい!

現代の若い人たちは、絶対的にコミュ力(りょく)不足です。

意思疎通が取れれば間違いなく会社は、成長し続けます。

社員のやる気と、目標達成感をもたせてあげる上司になりたいものです。

管理職はとくに、アナタの経験値とゼネラリストを求めることで、会社も安泰となっていきます。

管理職のアナタ!

頑張って下さい!




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »