ペットボトル症候群とは?衝撃の事実!子どもの糖尿病が怖い症状?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ペットボトル症候群の治療はどういうもの?気になる症状と治療方法!

 

清涼飲料水が糖尿病の恐れ!危険!

清涼飲料水が糖尿病の恐れ!危険!

 

毎年のように猛暑の日々が続くと、熱中症対策として水分補給をまめにするようになります。

熱中症はバカにできません少しの我慢で酷くなると死にも至るケースもあるので水分補給は必須ですが、水分を摂取するために、逆に「ペットボトル症候群」に気をつけないと大変なことになります。

こどものペットボトル症候群も注意しなければ糖尿病のリスクを誘発する可能性が高く、症状が出る前に知識として「ペットボトル症候群」のこと理解しておきましょう!

また、清涼飲料水ケトーシスとも呼ばれています。

「ペットボトル症候群」とは清涼飲料水やスポーツドリンクなどを摂り過ぎて、急性の糖尿病になってしまう病気のことをいい、昨今の熱中症対策の喚起でかえって増えている病気になっています。

最近では気付かないうちにペットボトル症候群に陥っている若者が多いので、気をつけなければならない病気のひとつです。

これからその症状と治療法を説明していきましょう!

ペットボトル症候群にならないように対処してして下さい!



 そもそもペットボトル症候群ってどんな病気?原因と症状について!知識として知っておくこと!

 

 

ペットボトル症候群の症状と治療とは?

ペットボトル症候群の症状と治療とは?

ペットボトル症候群とは?

糖質が沢山含まれたジュースや清涼飲料水を大量に飲むことで、急性の糖尿病になってしまうことを言います。

ジュースや清涼飲料水にはその容量の10%程度の糖分が含まれているので、ペットボトル500mlのジュースには糖分は50g程度、スポーツドリンクには5〜6%の糖分が含まれるので25gの糖分が含まれていることをまず、知っておきましょう!

熱中症対策だからと言って一日に何本も飲んでいたら糖分の摂り過ぎになってしまい、

ペットボトル症候群になってしまうのです。

これは主に10代〜30代の男性に多く見られる病気で、この世代はペットボトル飲料をよく飲むことからこのような名前がついたと言われています。

ただ、こどもがいる家庭では、冷蔵庫に清涼飲料水やスポーツドリンクを入れている家庭は注意が必要です。

また、女性よりも男性の方が多い理由は、がぶ飲みをする傾向にあるのが男性の方が多いからだと言われています。

ペットボトル症候群の症状、

  • のどの渇き
  • 倦怠感
  • 意識障害

の3点が見られます。

知らないうちに・・・

そんな症状が気になれば、アナタもペットボトル症候群の疑いがあります!

ペットボトル症候群は糖分を過剰に摂取して起こる病気ですが、その時身体は体内の糖を薄めようとする為喉の乾きを感じるようになります。

喉の乾きの連鎖でペットボトル症候群は起こる!

そこで再び清涼飲料水やジュースなど糖分の多いものを摂ると悪循環になるので気をつけなければなりません。

糖分を過剰に摂取すると血糖値が急激に上昇しインスリンがそれを下げようと分泌されます。

2つ目の倦怠感は、インスリンが分泌されて血糖値が下がることで低血糖に陥ってしまいダルさやイライラを感じるようになるのです。

その連鎖で、のどの渇きをとる為に清涼飲料水を飲み糖分を摂取し続けて糖尿病の状態が続くと、だんだん血液は酸性に傾き。

酸性化すると脳に酸素が行かなくなり脱水症状や意識障害を起こして睡状態に陥る場合もあるの危険です!

ペットボトル症候群は部活で運動をしっかりとしている学生にも増えていると言います。

運動をした後の水分補給に大量のスポーツドリンクを飲むことも気をつけなければいけません!

ペットボトル症候群の治療は何をすれば?気になる治療内容とは!?

 

 

ペットボトル症候群の治療法?

ペットボトル症候群の治療法?

ペットボトル症候群は前述した通り急性の糖尿病と言われています!

一般的な糖尿病とは治療方法が違います

一般的な糖尿病は1型と2型とがあって、先天性の1型は突然発症することもあり膵臓がインスリンを作ることができない状態で糖尿病になってしまうタイプで、2型は後天性でストレスや暴飲暴食、運動不足などが原因で血糖値が上がりっ放しになっていて、インスリンを分泌するという状態が休むこと無く行われてだんだんと正常に作用しなくなり糖尿病になってしまうタイプです。

詳しくは、内科医に行って、詳細を聞きましょう!

この2つのタイプの糖尿病は一度発症するとずっとインスリン投与が必要になってしまいますが、ペットボトル症候群は治療を行うことでインスリン投与をしなくても普通に生活できるようになります。

安心して下さい!治療すれば普通に生活できるようになる!

ペットボトル症候群の治療は体内の糖を排出する為の注射をし、点滴やインスリン投与等が必要です。

この治療で血糖値が正常に戻りインスリン分泌が元に戻れば回復していきますが、人によっては2型の糖尿病に移行してしまうこともありますので注意が必要です。

ただ、人によっては2型・糖尿病になってしまう可能性も大きい!

やはりペットボトル症候群にならないように気をつけることが大事です!

ペットボトル症候群や糖尿病はあまり自覚症状がないため、その病状が知らず知らずに悪化してしまい意識障害や昏睡状態に陥って病院に運ばれてから気付くことも多いのです。

ペットボトル症候群の症状や原因を知って、熱中症対策の水分補給を清涼飲料水やジュース、スポーツドリンクなどで全てまかなうのではなく水やお茶などを中心に摂るように変えていくことが予防する大事なことです!

熱中症で塩分が不足というのなら、お茶や水を飲むことと塩飴などを食べる方がペットボトル症候群リスクはかなり低くなります。

【まとめ】

清涼飲料水に注意喚起!

清涼飲料水に注意喚起!

ペットボトル症候群は知らず知らずに発症していることが多い病気ということを理解すること!

毎年の暑い夏は熱中症対策に気を取られて清涼飲料水やジュースを多く摂ってしまうことに注意喚起!

スポーツの後は糖分の多いスポーツドリンクを沢山飲んでしまうことも注意喚起!

ペットボトル症候群は気付かずに放置していると重篤化して危険な状態に陥るケースもあるので、そうならないように糖分の摂り過ぎに注意する。

これを機会に普段の食事やスポーツドリンクやジュース等の無自覚な糖分摂取を気をつけるようにするということを忘れずに・・・




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »