妊娠準備のサプリだからこだわりたい!妊活初体!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




妊娠準備にサプリが最適!妊活におすすめのサプリとその選び方!

 

葉酸原子模型

葉酸原子模型

 

そろそろ赤ちゃんが欲しいなと思うと妊娠するために自分の身体を整えることを始めましょう。

毎日の生活を見直したり食事内容を考えたりと様々あると思いますが、

妊活におすすめのサプリメントがあるのを知っていますか?

これから紹介しますので、なかなか食事だけでは賄えない栄養素をぜひサプリメントで補充しましょう。

そこにはこだわりがあります!何でもとはいきません!



そろそろ赤ちゃんが欲しい!妊娠準備に向いているサプリメントがあったんですよ!

 

妊娠準備にこだわりのサプリ

妊娠準備にこだわりのサプリ

 

妊活を始めると、規則正しい生活をしようとしたり精神的にストレスを溜めないように気をつけたり、又基礎体温を付けたりと身体を作り始めましょうね。

食生活も気をつけて赤ちゃんを授かる為の身体作りをする時は、いくらバランスのよい食事を心がけたとしても栄養素を、なかなか全てを網羅することは難しいです。

そんな時におすすめなのが妊活に向いているサプリメントを摂取する! です。

食べ物からは十分に摂取できない栄養素は上手にサプリメントを活用しましょう。

妊活におすすめされている栄養素は主に2つあります。

そこに、こだわりがあります!

  • 葉酸

葉酸とはほうれん草の葉っぱから発見された水溶性ビタミンであるビタミンBの一種です。葉酸は厚生労働省によって妊活中の女性は1日480マイクログラム摂取することを推奨されています。

葉酸は水に溶けやすく熱に弱いと言われていますので、葉酸の必要摂取量のうちの400マイクログラムはサプリによって摂取するように勧められているのです。

葉酸は妊活中の女性が摂取することで、子宮内膜を厚くして受精卵の着床率をアップされる効果があると言われています。

また妊娠中のお母さんは葉酸が欠乏すると舌炎や口内炎、悪性貧血を引き起こします。妊活中だけでなく妊娠中にも摂りたいですね。

そして妊活中に一番の大敵はストレスです。

そのストレスに効果のあるホルモンがセロトニンで、わたしたちの脳から分泌してストレスを和らげてくれると言います。葉酸はそのセロトニンの分泌に必要な栄養素ですので、妊活中の女性には大切ですね。

そして妊娠前や妊娠初期にこの葉酸を摂取することが最も大切です。

葉酸はDNAの合成、造血、タンパク質の生成など赤ちゃんの発育に必要な栄養素で、更に赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」というリスクも軽減すると言われています。

葉酸は細胞分裂時に重要な要素と言われています!

受精卵からの細胞分裂でDNAの交配する時に必要なのが要素!

奇形やダウン症の発生率を軽減すると言われています

この「神経管閉鎖障害」とは赤ちゃんの脳や脊椎が作られる過程で異常が起こるもので最悪死産にも繋がる恐れがありますので、しっかりと葉酸をサプリで摂取しておきましょう。

  • マカ

南米ペルーのマカ

南米ペルーのマカ

マカはペルー原産の植物で、疲労回復やホルモンバランスを整えて、滋養強壮に効く栄養分だと言われています。女

性にとっては女性ホルモンの分泌を促し排卵や月経の不調を解消してくれるので、妊活中にはぜひ摂取したい栄養素でしょう。

妊活の栄養素がいっぱい!

また男性にとっても、精子の運動率を良くして精力が上がる効果があると言われていますので、妊活中は夫婦で一緒に摂ることを勧められます。

ただ、滋養強壮が強過ぎる場合があるので、人によって効果に差があります。自分に合っているかどうかをきちんと見極めて摂取するようにしましょう。

ただ、マカといっても、日本では採取できないので、殆どが南米産と言われています。

衛生的にも品質にも安定したものを探すことをオススメします!

そこの、妊活準備のサプリメントのこだわりをもって良いものを選びましょう!

 

 

妊活に取り入れたい!サプリの選び方とおすすめサプリメントランキング!

 

いろんなメディアに取り上げられる?

いろんなメディアに取り上げられる?

 

妊活中に摂取した方が良いと言われる必要な栄養素は前述した「葉酸」と「マカ」ですが、そのサプリの選び方の注意点がありますのでぜひ気をつけてください。

まず、サプリメントも品質にピンからキリまであります。

安いからと言って値段だけで判断して購入するのは良くありません。

海外の商品の中には、十分な栄養が含まれていないサプリメントや材料が適正なものか不確かな商品が多数あります。

海外製品は心配!日本製ならまだ、信用できると思いませんか?

葉酸の場合は一日に必要な400マイクログラム配合されているかどうかをチェックすることをおすすめします。

まず、葉酸の配合含有量を見ていきましょう!

またそのサプリメントが無添加で安全であるものを選びましょう。

厚生労働省が定めている「GMP(適正製造規範)」の工場で作られているものが安全ですので、それを目安にして選びましょう。

そしてサプリメントを選ぶ時、他の栄養素も一緒に摂取できるものをチョイスすることもおすすめです。葉酸やマカだけでなく、鉄分やビタミン、カルシウムなど妊活中の身体に必要な栄養素が含まれていると助かりますよ。

ではここでおすすめのサプリメントをランキング形式でご紹介します!

1位:makanaマカナ

迷ったらコレ!と言われるほどの完璧な妊活サプリメントです。葉酸含有量も400マイクログラムあり、日本産のマカ等妊活に必要と言われる栄養素をしっかり含んでいます。小粒で飲みやすいのも嬉しいですね。

そして何と言っても安全性に関して徹底的に拘っていて、国内最高のGMP認定工場で生産しているので安心です。

Amazon
makana マカナ 120粒

楽天では販売されていませんでした!

2位:VEGEMAMA ベジママ

今まで色々な妊活サプリメントを試して見たけど、効果が余り感じられないという人におすすめのベジママには、葉酸400マイクログラムだけでなくピニトールという他のサプリメントには含まれていない栄養成分が入っています。

このピニトールは女性の身体を整える作用や毎月の生理のサイクルを正常に保つ効果もあります。その他ポリフェノールやビタミンなども含まれていて、GMP認定工場で作られている安心のサプリメントです。

スポンサードリンク


3位:ママジュンビ−

身体の調子が崩れている人や妊活に大敵の冷え性で悩んでいる人に特におすすめなのがこのママジュンビーです。ペルー産のマカを中心に、イソフラボン、ポリフェノールなど女性に必要な成分をしっかりと配合されています。GMP認定工場で厳しいチェックの元生産されていて無添加商品ですので品質も安心です。

公式ママジュンビー

4位:HAGUKUMI ハグクミの恵み

妊活中の女性におすすめの、身体の調子を整え授かりやすい身体を作ると言われるサプリメントです。日本産の無農薬マカとアンデス産の有機マカ、そしてザクロエキスが入ったホルモンバランスの乱れを整えて身体のリズムを正常に戻してくれる効果が期待できます。管理の行き届いたGMP工場で生産されているので安心です。

Amazon
はぐくみプラス ハグクミの恵み

5位:ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリは他のサプリとは違っていて、酵母葉酸を使っているので通常よりも吸収率が高くなり体内に葉酸の効果を持続させる働きがあると言われています。その他鉄分やミネラル、カルシウム、プラセンタ等妊活に必要とされる複数の成分が含まれていますのでおすすめです。このサプリメントもGMP取得工場で生産されているので品質も確かです。

公式ページ

妊娠準備の注意点!

妊娠準備のためにサプリを上手に使いましょう!

妊娠準備のためにサプリを上手に使いましょう!

妊活は精神的にも身体にも色々と気を遣います。

経験上、女性の身体はほんの少しのストレスも影響を受けやすいのであまり思い詰めないようにしましょう。

精神的な起伏が激しくなります。

足りない栄養素や気になる栄養バランスは、品質のよいサプリメントが沢山ありますので上手に使ことが妊活準備には必要なサプリをアナタに合う物を探して下さいね!

私がおすすめしたサプリメントは国内で信頼のおかえる製造工場で作られている物ばかりなので、自分に合う物を見つけて妊活に役立ててくださいね。

できれば海外生産は避けたほうが無難ですよ!

だった、厚生省認可じゃないのですから・・

妊娠したら出産までに何をする?入院準備や費用などやることリスト!

妊娠準備リスト

妊娠準備リスト

妊娠すると近付く喜びの日に向けて、色々な準備に追われます。

赤ちゃんグッズを揃え始めると嬉しくて仕方なくて、ワクワクします。

私もそうでした!

ついつい色々と見て買い物してしまうことも多いでしょう。

初めての妊娠ですと、出産までに何が必要でいつから入院の準備をすればよいかなどよく分かりませんよね。

私もそうでしたから・・・

出産準備に必要な物や気になる費用を私の経験値ですが、ぜひ参考にしてくださいね。

めでたく妊娠!でも出産までにどんなことが待ってるの?妊婦さんの予定表!

ハッピー!

ハッピー!

妊娠が分かって、じわじわと喜びが沸いてきますね。

初めての妊娠は出産までの約10ヵ月間、初めてのことだらけで出産までの流れもその時期に必要な物もよく分かりませんよね。いつから準備を始めたらよいのか、何が一番必要なのか、等妊娠初期から順番に流れを見て行きましょう。

妊娠初期:0ヵ月から4ヵ月頃

月経の遅れや気分が優れない等の体調の変化で、妊娠に気付き病院へ行くこともあるでしょう。妊娠が分かって、母子手帳を貰うと実感が沸いてきますね。

禁酒禁煙を心がけ、自分が服用している薬などの見直しも必要です。

つわりも酷くなるのは2ヵ月目辺りです。栄養を考えて食事に気をつけて、つわりであまり食べられない時はサプリメント等で補うことも考えましょう。4ヵ月目になると、つわりも落ち着く人が多いです。

また自治体独自の妊娠や育児の支援制度や助成制度をチェックし、通院している病院から確認されますので里帰り出産をするかどうかを決めておきましょう。里帰りする場合は、分娩予約を早めにした方がよいでしょう。

そして妊娠線のケアをそろそろ開始しましょう。お腹だけでなく、胸や腰、お尻なども忘れないようにしましょう。

妊娠中期:5ヵ月から7ヵ月頃

バストのサイズがだんだんアップしてきて、お腹の膨らみも目立ち始める頃です。マタニティウェアを準備しましょう。つわりも治まって食欲が止まらない人もいますね。体重の管理や妊娠中毒症に気をつけて適度な運動を取入れましょうね。

6ヵ月目には胎動を感じるようになります。戌の日に安産祈願に行ったり、そろそろ赤ちゃんの名前を考え始めたり、引っ越しや旅行で動けるのは今ですので動ける時にやっておきましょう。

妊娠後期:8ヵ月から10ヵ月頃

お腹が大きくなって普通の体勢では苦しくなってきます。足が浮腫みやすくなり、足の付け根や腰が疲れたりします。出産の準備を早めに始めましょう。

出産の為の入院はその妊婦さんによって時期が違いますので、準備は早めに済ませておきましょう。いつでも出産にのぞめるように荷物も揃えておくと安心ですよね。

出産に向けて準備が必要!入院の準備物や赤ちゃんグッズ!気になる費用も!

ママになる喜び全開!

ママになる喜び全開!

出産に向けての準備は色々とありますよね。

入院のための準備や産後すぐに必要な物など、妊娠後期に入ったら始めて臨月に入る前には準備した荷物を揃えておくと安心ですよ。

旦那さんや家族の中に、入院を手助けをしてくれる人が居る場合はその荷物の置き場などを伝えておくと良いでしょう。出産の為の入院はタイミングが人それぞれですので、あらかじめ準備して確認しておきましょうね。

入院時に必要なものは必ずひとつにまとめておくと忘れ物もありません。必ずこの必要な4点をまとめておきましょう。

コレ大事なリストです!

  • 母子手帳
  • 診察券
  • 健康保険証
  • 印鑑

印鑑は入院する時から必要になりますので、忘れないように入れておきましょうね。

入院し出産後にママと赤ちゃんに必要な物も準備しておきましょう。

病院によっては出産セットとして準備してくれているものもありますので、事前に病院や産院に確認しておくと良いですね。

入院中のママが必要なもの

  • 骨盤ベルト:産後の体型を戻すためや腰痛の緩和にもなります。使用する時は医師に相談して、装着の仕方等病院で教えて貰うとよいでしょう。
  • パジャマ:授乳がしやすい前開きのものがベストです。
  • 授乳用ブラジャー:産後に母乳が出始めるとブラジャーが母乳で濡れてしまうこともあるので、3、4枚準備しておくと安心です。
  • 母乳パッド
  • 洗浄綿:出産後の傷口や赤ちゃんに母乳をあげる前に乳首を拭く為にも必要です。
  • 靴下やカーディガン:冷え対策に準備しておきましょう。産後にむくみが辛い時など、むくみ対策用の靴下はおすすめですよ。
  • ガーゼ:赤ちゃんがよだれやミルクを零した時に使います。ミルクを吐き戻したりするので、何枚かあると良いでしょう。
  • 産褥ショーツ:股の部分が開閉するショーツなので、脱がずに寝たまま診察ができて産褥パッドの好感もできます。入院している間は暫く使うので替えも含めて少なくとも3枚は準備が必要でしょう。
  • 産褥パッド:出産直後から出る悪露(子宮から排出される血液を含む分泌物)の為に必要な物です。量も個人差があるので大きいもの小さいものと準備しておくと安心ですね。
  • 生理用ナプキン:悪露が落ち着くと生理用のナプキンで代用しましょう。
  • 洗面道具・タオル・バスタオル・歯磨きセット・ティッシュ・ウェットティッシュ等必要なもの。また携帯の充電器があると便利です。

赤ちゃんに必要なものの

「新生児用紙おむつ」「お尻拭き」「新生児用の産着」「赤ちゃん用のミルク」

は病院で準備されていることが多いです。事前に確認してから準備しましょう。ただ退院時の赤ちゃんの肌着や衣類は必要なので忘れないようにしましょうね。

授乳クッションも病院で貸し出しをしてくれますが、退院後も授乳クッションを使って授乳すると便利ですので、事前に準備しておくことをおすすめします。

初めての授乳は不安だらけで、どのように赤ちゃんを抱っこしたら飲みやすいか等苦労して肩こりや母乳トラブルを引き起こすママへの手助けになりますよ。

退院する時の自分の着替えも忘れないようにしましょう。途中で授乳するかもしれませんので、前開きがおすすめです。そして車で帰宅する場合はチャイルドシートも必要ですので設置しておきましょうね。

そして出産費用ですが、入院時にまず入院保証金の支払いをし退院時に精算されます。

出産費用は全国平均で約47万円と言われています。

出産日時で金額は変わります。つまり休日や深夜は別に実費がかかります。事前に出産費用は教えて貰えるので、病院を選ぶ時に尋ねておくとよいでしょう。

妊娠準備のまとめ

初めての妊娠出産は不安だらけで、何をどれだけ準備すればよいかどのような流れで出産まで行くのかなど心配が尽きません。

臨月から出産までのスケジュールは人によって違いますので、何事も早めに準備をしておくと安心ですね。

出産の準備にはママが入院して出産し、退院するまでに必要なものと赤ちゃんに必要なものを揃えておけば十分です。

まだまだ使わないものを買い揃えてしまって、後で「要らなかった!」とならないように、必要なもの以外はゆっくり考えていきましょう。

ママになる喜びが本当に嬉しい気持ちになりますよ!




スポンサードリンク
 



スポンサーリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Translate »